GATTA(ガッタ) > Bodymake > O脚さん必見!スラっと脚を目指すお家エクサ&NG習慣チェックリスト
bodymake

O脚さん必見!スラっと脚を目指すお家エクサ&NG習慣チェックリスト

2018.05.14 21:30

直立をしたときに左右のひざが付かない“O脚”は、多くの女性の悩みの種。シュッと引き締まってスラっと長い足に憧れる方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、“O脚のセルフケアの方法”、そしてを“O脚にならないように日常生活で気を付けたい点”をご紹介します。

 

内転筋群をトレーニング

O脚には、外傷による骨の変形や先天的なものもありますが、そうでない場合は“ある筋肉”の衰えが原因になっていることが考えられます。それは、内ももの筋肉“内転筋群”。

内転筋群には、短内転筋・長内転筋・大内転筋などがあり、両方の太ももをお互いに引きつけるときに働きます。そして、この内転筋群が衰えてくると、太もも~ひざ~ふくらはぎが外に開きO脚になりがちになってしまうのです。

そこで、下記の方法で内転筋群をトレーニングしてみましょう。

(1)椅子に座り、太ももの間にクッションを挟みます。

(2)太ももを内側にグーッと寄せるように力を入れ、その後緩めます。これを10~20回繰り返しましょう。

とても簡単ですよね。テレビを見ながら、雑誌を見ながらなど“ながらトレーニング”もできてしまいます。自宅で気軽に試すことができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

日常生活での注意点

内転筋群のトレーニングも大切ですが、日常生活を送るうえでO脚をつくらないように注意することも重要。日々の生活のなかで、下記5つの項目をおこなってしまっていないかチェックしてみましょう。

(1)床に座るとき、脚を横に流す“女の子座り”をする

(2)椅子に座るとき、脚を組む

(3)立っているとき、片脚に体重をかけたアンバランスな立ち方をする

(4)ハイヒールばかりを履く

(5)荷物を片側だけで持つ

どれもついついやってしまいがちな項目ばかり。日常的におこなっている項目があった方は、生活の習慣を見直してみてくださいね。

 

毎日の習慣の積み重ねでO脚になってしまうように、ちょっとの気遣いでスッとした美脚を目指すことも可能。

今日から早速意識してみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】

※ 5日間集中!パンツが似合う「引き上がったお尻」を目指すエクササイズ

※ 猫背の人は要注意!? すっきり二の腕&背中を目指す「毎朝15回の習慣」

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)