GATTA(ガッタ) > Interior > とっておきのバスルームに!自由にカスタマイズして「世界にひとつだけ」のマイボトルをつくろう
PR
interior

とっておきのバスルームに!自由にカスタマイズして「世界にひとつだけ」のマイボトルをつくろう

2018.05.23 19:00

1日の疲れを癒やす、自分だけのバスタイム。至福のひとときを過ごすバスルームは、自分のお気に入りだけを集めた“とっておきの空間”にしたいですよね。

出典: shutterstock

疲れてお風呂に入るのが面倒臭いな、と思う日でも、お風呂に入りたくなるようなアイテムに囲まれれば、きっと楽しみな時間に変わるはず。

今回は、そんなバスタイムを楽しみにしてくれるのにぴったりなアイテムをご紹介したいと思います!

 

世界でたったひとつのマイボトルをつくろう

バスルームを“自分らしく彩りたい”。そんな想いを叶えてくれるスペシャルデザインが、しっとり素肌へ導く『ダヴ 濃密泡ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア』から登場しました。

真っ白なボトルをキャンバスに、いろいろな色や形でデザインされた付属のシールを貼って自由にカスタマイズできます。正解のない、世界にたったひとつの自分らしいデザインを作り上げてみませんか?

 

ポップorシック、あなたはどっち?

シールのデザインは全部で2種類。丸や線で可愛らしくポップに組み合わせができるデザインと、少し大人のシックなデザインの2つです。どちらのデザインも大人の女性にしっくりハマります。どのデザインにするか迷ってしまいますね。

 

カスタマイズする楽しさに目覚めそう

筆者も実際に試してみました。

STEP1:シールを選ぶ

筆者はあい色が好きなので、スペシャルデザインAのポップなデザインを選択してみました。

シールは2シートずつ入っています。こちらはポップなデザインのほうですが、「上品なポップだな」と感じました。

STEP2:自由にカスタマイズ

今回、筆者は大人の水玉模様を目指すことに。ひとつひとつのシールが、ちょっとずつ柄や大きさが違って、どれにしようか選ぶのも楽しいです。

大きいシールの場所をなんとなく貼り、だんだん小さいシールを貼っていきました。

完成!

センスが問われそう……と思っていたけど、テイストが揃ったおしゃれなシールだから難しく考える必要はなかったです。簡単に、自分好みのひとつしかないマイボトルがつくれました。

スペシャルデザインのコンセプトは“あなたらしさが美しさ”というメッセージ。明日の自分に自信をくれるひとことですね。

 

お肌だってしっとり潤います!

出典: shutterstock

ダヴ 濃密泡ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア ポンプ スペシャルデザイン』は、高保湿ミルク配合のうるおい処方。肌の深層まで浸透し、たっぷりとうるおいを届けてくれます。

ポンプ式の泡タイプだから、泡立ての必要もなし。濃密泡を手にとり、優しく洗うだけで、お肌がしっとり潤います。

性別、世代を問わず使える、万人ウケする清潔感のある香りなのもうれしいですね。

 

世界にひとつだけのマイダブボトルをつくれる『ダヴ 濃密泡ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア ポンプ スペシャルデザイン』があれば、毎日のバスタイムがますます楽しくなりそうです。

ぜひ、“あなたらしい美しさ”を込めたマイボトルをつくってくださいね。

【参考】
世界にひとつだけのマイボトルでバスルームを自分らしく彩ろう

【画像】
※ Olena Yakobchuk、Nadya Lukic / shutterstock

Sponsored by ユニリーバ・ジャパン株式会社

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」