GATTA(ガッタ) > society > 「なさる」「いたす」はどっちがどっち?尊敬語と謙譲語の使い分け
society

「なさる」「いたす」はどっちがどっち?尊敬語と謙譲語の使い分け

2018.05.07 22:00

さまざまなルールがあり、新人ビジネスパーソンが苦労しやすい敬語ですが、とくに混乱しやすい“尊敬語”と“謙譲語”について確認してみましょう。

しっかりとした敬語を使えないと、会社の信用やイメージにも関わります。「私は大丈夫!」と安心している方もぜひチェックしてみてくださいね。

今回はそんな尊敬語と謙譲語の使い分けについて、企業のマナー講師経験もある筆者が、基本からご紹介しましょう。

 

尊敬語について

尊敬語とは、主に相手を敬った表現をするものです。目上の人や社外の人の動作に対して使いましょう。

例としては「聞く」を「お聞きになる」、「行く」を「いらっしゃる」などです。相手の動作に「れる」「られる」などをつけます。

 

謙譲語について

謙譲語には“行為が向かう相手を立てる表現”ものと“自分の行為を相手に対して丁寧に述べる”もの、2つが存在します。

前者を例にすると「届ける」を「お届けする」や、「行く」を「伺う」などです。

後者ですと「言う」を「申す」、「行く」を「参る」にするなどです。

 

「する」の正解は謙譲語と尊敬語で変わる? 

出典: Shutterstock

それでは、上記のルールをもとに「する」を謙譲語と尊敬語に変えてみましょう。

尊敬語の場合は、相手の動作に対して使うものですから「なさる」が正解です。「今日はどうなさいますか?」などの表現になりますね。

謙譲語の場合、自分の行為が前提としてありますので「私がいたします」「私が担当させていただきます」などが正解です。

“行為が向かう相手を立てる”の例としては、目上の人に何かを借りる場合「拝借いたします」などが該当します。

整理しますと、「する」の使い分けは以下のとおりです。

謙譲語=いたす

尊敬語=なさる

尊敬語と謙譲語は、とくに慣れないうちは間違いやすいものです。例文をしっかり把握したうえで、普段からなるべく口にするようにして、とにかく慣れていくのが近道でしょう。

 

意識せずになんとなく使っていたという方は、これをきっかけに理解を深めてくださいね。使っていくうちに慣れてくるはずです!

 

【参考文献】

※ 『ビジネスマナーの基本講座』 / 成美堂出版

※ 『大人の語彙力 敬語トレーニング100』 / 日経ビジネス人文庫

【画像】

※ fizkes /Shutterstock

【関連記事】

※ CCとBCCの違いって?今さら聞けない「メールの基本」をおさらい

※ 知らない間にやってるかも?ビジネスメールの「あるあるNG例」3つ

※ 仕事や家事…「オン」を頑張る私のスイッチの切り替え方(PR)