GATTA(ガッタ) > Beauty > たったこれだけ?美肌さんが実践している洗顔テクニック
beauty

たったこれだけ?美肌さんが実践している洗顔テクニック

2017.05.24 21:00

スキンケアは洗顔から。洗顔方法を間違うと乾燥を招き、肌表面や毛穴に汚れが残ったままだと、せっかく高い化粧水や美容液を使っても、美容成分がお肌に届きにくくなる可能性も……。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が実践している、“スキンケアの効果を最大限引き出す”洗顔テクニックをご紹介します。

 

朝の洗顔はお肌の状態を知ることから

1日のスタートとなる洗顔は、自分のお肌の状態を知ることが一番大切。ベタついているのか、乾燥しているのかなどと、肌質や生活環境によってお肌の状態は全く違うはずです。

とても乾燥している場合は、ぬるま湯もしくは水で洗顔しましょう。脂性肌の方や、朝ベタつきを感じる方には、洗顔フォームを使用した洗顔がおすすめです。

寝起きの肌は、寝汗や余分な皮脂などでお肌がベタつき、ホコリなどの汚れがこびりついてしまっていることも。そのような肌状態はメイク崩れの原因になることもあるので、朝の洗顔も洗顔フォームを使って清潔なお肌にしましょう。

 

洗顔フォームを使った朝の洗顔テク

出典:https://gatta-media.com

朝の洗顔はメイクオフではありませんのでクリームタイプやミルクタイプの洗顔料といった洗浄力が強すぎないものがおすすめ。泡立てるタイプならしっかり泡立てましょう。界面活性剤を薄めることにもなり、肌の潤いを守る優しい洗顔ができますよ。

 

洗顔料はTゾーンとUゾーンにのせるだけ

出典:https://gatta-media.com

朝洗顔では皮脂分泌が多いTゾーンとUゾーンに、しっかり泡立てた洗顔料を優しくのせていきましょう。ゴシゴシ擦って刺激を与えるのではなく、あくまで優しく泡でマッサージして洗う感覚を意識してください。そのほかの部分は、ぬるま湯で洗い流していくときに全体に泡を広げる程度で十分です。洗い残しのないようにしっかり流し、清潔なタオルで優しくお肌を拭きましょう。

 

メイク落としはクレンジングの使い分けがポイント

朝の洗顔とは違いメイクオフの場合はしっかりメイク汚れを落とすことが目的。ナチュラルメイクなら1つの洗顔料でオフできるかもしれませんが、濃いめのアイメイクなどはポイントメイク用のクレンジング料や洗浄効果の高いオイルタイプなどがおすすめです。

また、洗浄力が強いタイプのクレンジング料でお顔全体を洗うと、乾燥肌の方などは、バリア機能として必要な油分まで落としてしまい、肌トラブルの原因になる場合も。ポイントメイク以外は、保湿成分が含まれているようなクリームタイプのクレンジング料を使いましょう。もちろんこの場合もしっかり泡立てることが大切です。メイク落としのコツは、丁寧に泡立てたもっちり泡を押し付けながら洗うこと。洗い上がりにしっとり感を感じられる洗顔を目指して!

 

お肌の状態やメイクの濃さなどによってクレンジングや洗顔方法を使い分けることが美肌には大切。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 乾燥する季節こそ見直すべき!おさらいしたい洗顔の「基本のキ」

※ 化粧のりが違う!美肌のプロが教える正しい洗顔のポイント5つ

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」