GATTA(ガッタ) > Bodymake > 猫背の人は要注意!? すっきり二の腕&背中を目指す「毎朝15回の習慣」
bodymake

猫背の人は要注意!? すっきり二の腕&背中を目指す「毎朝15回の習慣」

2018.05.03 20:00

日中は半袖でも過ごしやすいこの時期は、やっぱり“二の腕”が気になる。長袖のときは痩せて見えたのに、半袖になったら途端に太って見えるなんてことはありませんか?

思い当たる方は、二の腕周りや腕の付け根がぽっちゃりしている可能性が。そこでヨガインストラクターである筆者が、今から始める二の腕ケアをご紹介します。

 

猫背の人は要注意!

鏡で自分の姿を映したときに、肩から腕のラインが丸みを帯びていて、なんとなく太って見えていませんか?

肩周りは、その人の全身の見た目を決める大事な部分。痩せていても、肩周りが丸みを帯びているだけで、太って見えるのです。

とくに猫背の姿勢で肩が前側に入っている巻き肩の肩は要注意!

姿勢を維持する背筋が使えない姿勢になっているので、背中が丸まり、脇肉や背中のぜい肉、二の腕のたるみがセットで付いてきます。

 

二の腕を絞るには、肩甲骨の位置が大切

肩が丸まって猫背姿勢になると、肩甲骨の動きが悪くなります。まずは肩甲骨の位置を正しい位置に戻し、姿勢を改善することが大切。

両方の肩甲骨をグッと寄せるだけでも、肩の位置が後ろへスッキリと収まり、バストトップの位置が引き上がります。

この姿勢を維持するだけでも、二の腕はスッキリとしはじめ、見た目も美しい印象になりますよ。

 

背中と二の腕をスッキリさせる朝の習慣

(1)座った姿勢でも、たった姿勢でもOK!

(2)タオルの両端をつかんで頭上に上げます。両手の幅は肩幅以上にひろげましょう。

(3)息を吐きながら両ひじを曲げ、タオルを頭の後ろへ下げていきます。

(4)ひじをしっかりと曲げ切り、両肩甲骨をしっかりと寄せましょう。

(5)息を吸いながら両腕を再び伸ばしていきます。

(6)両ひじを曲げるときは、タオルがゆるまないように注意しましょう。

(7)ゆっくり丁寧に15回行います。

 

肩から肩甲骨周りがこっていたり、猫背が定着している姿勢の方は、10回行う前にしんどくなってくるかもしれません。

肩甲骨の下側がしっかりと動いているのを感じながらやってみてくださいね!

【関連記事】

※ パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」