GATTA(ガッタ) > Beauty > カギはアイテム選び!今っぽい「垢抜け顔」をつくる3種の神器
beauty

カギはアイテム選び!今っぽい「垢抜け顔」をつくる3種の神器

2018.05.03 21:00

手持ちのコスメで垢抜け顔が作れていますか?  今っぽメイクに仕上げるために、まず重要となるのがアイテム選びです。でもどんなアイテムを使えばいいのか、イマイチよくわからない……という方は必見!

これさえあれば、誰でも簡単に垢抜け顔になれるという“3種の神器”を、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

ペンシルアイライナー

垢抜けメイクで一番外せないアイテムが、ペンシルアイライナー。いかにも感が出ないのに、目元を印象深くしてくれるのが最大の魅力といえるでしょう。

おすすめカラーはやはりブラウン。目元にもすっとなじみやすいため、限りなくナチュラルなアイメイクを完成させることができます。

アイライナー選びのポイントは、ペンシルの芯が柔らかく、にじみにくこと。芯が柔らかいタイプは、アイラインを引くことに慣れていない方でも力加減に悩まず、比較的上手に引けるためです。にじみやすいタイプだと、気づけばパンダ目になっていることがあるため、ここも重要なポイントになります。

 

コンシーラー

ネガティブなものはしっかりカバー、それ以外はあえてのナチュラルさで抜け感を。こうしたマイナスメイクはベースメイクを垢抜けさせるテクニックのひとつ。リキッドとパウダーのダブル使いで、お顔全体の肌をなめらかにしたつもりでも、それはただの厚塗りメイクになってしまっている場合も。

トレンドに乗りつつ垢抜けさせるなら、あえてコンシーラーで仕上げるくらいでもOK。目元の下など色ムラが目立つ部分は、コンシーラーでカバーしてパウダーはあえてのせず、素肌のように仕上げるのが良いでしょう。

 

グロスいらずの濡れルージュ

たっぷりとグロスが塗られた唇は、一歩間違えるとまるで天ぷらを食べたかのようにテカテカした残念メイクになってしまうことも。とはいえグロッシーな唇は透明感をまとい、美人度をアップさせてくれるのも事実。

グロスのつけ加減を調節するのが難しいという方にとって、簡単に濡れツヤな唇を演出するにはアイテム選びがカギを握ります。そんなグロスをのせずとも、ツヤっぽく仕上がるルージュ。たったひと塗りで垢抜けするアイテムは、ひとつは持っておくべきかも。

 

アイライナーやルージュ、そしてコンシーラーは、メイクが大好きな方にはお馴染みのアイテム。とはいえ、ペンシルやリキッド、マットやツヤ系など、タイプはさまざまで、それぞれ得意なメイクがあります。メイクの最新トレンドを読み、それに合わせたアイテム選びをすれば、誰でも簡単に旬の垢抜けメイクにチャレンジできますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

メイクのりが変わる!? 年齢を重ねた「大人肌」のためのスキンケアテク

脱マンネリ!いつものブラウン「+ひとさじカラー」でつくる垢抜け目元

シチュエーションで使い分けて!香りが12時間続く4つのボディソープ(PR)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」