GATTA(ガッタ) > Interior > 自分史上最高のキッチンに!収納グッズを買うより簡単なスッキリ整理術
interior

自分史上最高のキッチンに!収納グッズを買うより簡単なスッキリ整理術

2018.05.02 21:00

何かと滞在時間も長くてグッズも多い、家の中で最も片付けたいけれど片付かない場所の1つがキッチンではないでしょうか。 よし片付けよう!と収納の中をスッキリ整理するために収納グッズを買いに走っても、実際は時間がかかるばかり。

そんな時にはまず、キッチンに出しっ放しのものの中に不必要なものはないか見回すことからはじめてみてはいかがでしょうか。収納に頭を悩ませるよりも、ずっと簡単。意外と手っ取り早くスッキリする方法なんです。

 

まずチェックしたい「これいらないかも?」なグッズ

当たり前のようにキッチンにあるべきものと思っていたものが、実は自分には不必要なものだったりすることがあります。筆者の場合は、実家には当たり前にあったからと結婚したときに購入した“洗いおけ”がそれでした。

次に、“水切りかご”。今やお手入れも簡単で場所も取らない代用品がたくさんありますね。“三角コーナー”も、ゴミが出たらその都度キッチンのゴミ箱にポイっとすれば良いし、どうしてもゴミをシンク内にまとめておきたいなら、常設しなくても簡易的に水切りできるポリ袋をかけたりすれば十分かもしれません。

「自分にとって、これは絶対に必要?」と一度キッチンを見回してみましょう。不必要なグッズをなくすことは、お手入れにかかる時間も手間もなくなり一石二鳥にもなります。

 

収納できるグッズに変えれば、使わないときはスッキリ

自分には不必要かもしれない、そんなグッズがスッキリ片付いたら、次のステップです。完全にはなくすことはできないけれど、出しっ放しにする必要はないのでは?というグッズも結構あるのです。

たとえば、“キッチンペーパー”。ロールタイプで出しっ放しが使いやすいと思い込んでいた筆者、ある時から箱型のタイプにしたら、一枚ずつカットする手間がなく片手で使えて、自分にはこちらの方が使いやすいことに気がつきました。

そして引き出しにスッキリ収納できて、またしても一石二鳥。

それから炊飯器をやめて、密封性のある鍋や土鍋で米を炊くことも意外と簡単です。鍋なら普段は収納できるので、存在感のある炊飯器がキッチンからなくなってとてもスッキリします。

ただしタイマーや保温機能がなくなるので不便に感じる家庭もあるかもしれないですね。各家庭の使い勝手の良さで、出しっ放しにせずに収納できそうなものを探してみましょう。

 

最後の仕上げは浮かせる収納

そうして出しっ放しのグッズが減っても、ついチョイ置きしてしまいがちなものもあります。たとえば、メジャーカップなども頻繁に使うし、乾かすために出しっ放しになりがちな物。そんなときには、取り出しやすくてぶら下げられる、扉裏などを使った収納もおすすめです。

食洗機がない筆者の家は、乾かないから出しっ放しになるものが多かったので、水筒など乾燥に時間のかかるものを置くスペースを設置しました。

浮かせて定位置を作るだけで、ごちゃつき感は随分と減ります。

 

自身のキッチンの使い方を見直してみたら実はいらなかったもの、収納できるものに変えられるもの、浮かせて定位置を作ればスッキリするもの……結構見つかるものです。

そんな置きっぱなしグッズの見直しは、収納の仕組みを一から考え直すよりも、ずっと簡単にキッチンをスッキリさせてくれます。片付けの最初の一歩にぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

汚部屋化を防ぐ!新居のきれいをキープするためにやるべき3つのこと

クロスを煮る!? キッチン掃除のあっと驚く「時短術」3つ

仕事や家事…「オン」を頑張る私のスイッチの切り替え方(PR)