GATTA(ガッタ) > Beauty > 2018年のトレンドは「短めアーチ」!ナチュラル垢抜け眉のつくり方
beauty

2018年のトレンドは「短めアーチ」!ナチュラル垢抜け眉のつくり方

2018.05.04 21:00

最近のトレンド眉が、少しずつ変化してきていることを知っていますか?

いつまでも同じ眉で過ごさずに、トレンドメイクをしっかりチェックして、垢抜け眉にシフトさせましょう。そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、垢抜け眉のつくり方について解説します。

 

ついに太眉は卒業!

ナチュラルメイク旋風は、眉にも大きな影響を与えています。最近では、平行太眉から長い間続いた太眉ブームから、ついにナチュラル眉にシフト。今までの太眉と比べると、細く感じるくらいの眉に変化してきています。
太眉だったとしても、それはもともと太い眉だから太眉なだけ。つまりあくまで自眉を生かした眉がトレンドとなってきているのです。

太眉だと彫りの深い、ハッキリしたお顔立ちを演出できます。しかし最近のトレンドは、ナチュラルな女性らしさをアピールするのが主流。眉もナチュラルな太さに整え、女性らしくスッキリした印象に見せていきましょう。

 

眉頭はあえて残して

眉にナチュラルさを演出したいなら、あえて眉頭は手を加えずに自眉のままにしておきます。眉頭の0.5ミリ~1センチほどを残して、パウダーアイブロウで眉を描いていきましょう。ペンシルでも良いのですが、注意して描いていかないと「いかにも眉」になってしまうので、眉メイクが苦手という方にはパウダーアイブロウがおすすめです。

眉頭から眉山までは直線に描くのが今ドキ。自眉の幅より太くならないように、眉の隙間を埋めるイメージで描いていくと上手くいきますよ。眉の形が既に整っている場合は、パウダーアイブロウを使用せずに、あえて眉マスカラだけでも良いかもしれません。

 

眉山からの短めアーチが垢抜けポイント

今年の眉のトレンドは平行ではなく、ややアーチのかかった眉。眉山から眉尻にかけてナチュラルにカーブを描いていきましょう。さらに抜け感をプラスしてさっぱり仕上げるには、眉尻の長さに気を付けて。
基本の眉より若干短めくらいが今ドキです。短すぎると女性らしさが半減してしまうので、ほんの少しで気持ち短いくらいを心掛けるようにしてくださいね。

 

垢抜け眉は、できる限り自眉を生かして仕上げることが鉄則。眉ブームをけん引してきた太眉から、トレンドはナチュラルなアーチ眉にシフトしてきています。いつまでも古いメイクにとどまるのではなく、その時のトレンドメイクを楽しみながら、美しさに磨きをかけていってくださいね。

【関連記事】

※ メイクのりが変わる!? 年齢を重ねた「大人肌」のためのスキンケアテク

※ 脱マンネリ!いつものブラウン「+ひとさじカラー」でつくる垢抜け目元

※ シチュエーションで使い分けて!香りが12時間続く4つのボディソープ(PR)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」