GATTA(ガッタ) > Interior > まだまだ入る!クローゼットを「隅々まで使い切る」簡単アイデア
interior

まだまだ入る!クローゼットを「隅々まで使い切る」簡単アイデア

2019.02.03 21:00

冷える冬は、防寒のためのファッショングッズが必要です。かさばるものが多いため、置き場に困りクローゼットがもっと広かったら……なんて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで、インテリアブロガーのsumikoさんに簡単に収納量を増やせる方法を聞きました。

sumikoさんいわく、手の届きにくい場所は使われずにデッドスペースになっている場合が多いそう。また、思わぬところが収納スペースとなることもあるそうです。

今回、紹介してもらうのは簡単に手に入るグッズで、手軽に収納量を増やせる方法! 狭いと思っていたクローゼットも、よく見回してみれば使えるところがあるかもしれません!

#収納 記事もチェック!

 

扉裏を収納に変身させるホームセンターグッズ

帽子や手袋やマフラーなど、この時期は細かいファッショングッズが増えますね。1度使ったものを引き出しに入れるのは抵抗があるものの、毎回洗濯するというわけでもありません。

そんなアイテムはついつい、だしっぱなしで山積みにしてしまい、使いたいときに必要なものが見つからない……そんなことになりがち。

そんなアイテムには“扉裏の引っ掛け収納”が便利です。

ホームセンターで手に入る、長さ別で選べるステンレスポールを扉に取り付け、そこにS字フックをかけましょう。この収納なら衛生面も気にならず、一目で見渡せるので身支度もスムーズにできそうです。

 

穴あけに抵抗があれば、引っ掛けるだけの便利グッズも

先ほどのステンレスポールは、扉に取り付けなくてはなりません。しかし、扉にビスの穴をあけるのは無理という方も多いですよね。

そんな方は、ドアの上部に引っ掛けるだけで簡単に扉裏が収納スペースになる扉用のハンガーがおすすめ。通販サイトやインテリアショップなどで、いろいろなデザインのものが売られていますよ。

 

「届かないから…」とデッドスペースになる天井近くも使い切る!

“どうせ手が届かないから”と、棚を取り付けることもなくポッカリ空いている天井付近。ここを頻繁に使わないアイテムの収納スペースにすることで、使いやすいスペースを空けることができます。

天井付近の使い方は、写真のように壁と壁の間にポールを2本渡すだけ! オフシーズンのバッグなどを収納するスペースにすると◎。

 

こんなデッドスペースにもポールが使える!

収納ケースを使って使いやすくした押入れなども、幅が余ってしまいデッドスペースができてしまうことがあります。

そんなときにも突っ張り棒を使えば無駄なくスペースを使えますよ。

 

あきらめていたクローゼットのデッドスペースも、ホームセンターなどで手軽に手に入る身近なグッズを活用すれば、このように無駄なく使えることもあります。クローゼットで無駄にしているスペースがないか、ぜひ見直してみてくださいね。

【おすすめ記事】

すぐ使える「収納」テク大特集!

100均グッズで「プチ面倒くさい」がラクに!

家事の時短を叶える100均便利グッズBEST5

冬こそ知りたい「クレンジング」の選び方(PR)