GATTA(ガッタ) > Bodymake > 肩こりよりつらい「スマホ首」に!その場でほぐしストレッチ
bodymake

肩こりよりつらい「スマホ首」に!その場でほぐしストレッチ

2018.04.24 21:00

首まわりがこると、体全体がだるく感じます。リラックスしたくても首の“こり”が気になって、何をしてても落ち着きませんよね。

また、肩こりよりもしんどさを感じやすいのではないでしょうか? 首こりは、だるいと感じたらその場でケアをしていきましょう。

ヨガインストラクターである筆者が、その場でスッキリできる首ストレッチをご紹介します。

 

スマホ首には、頭の位置を見直そう

スマホやパソコンを長時間見ているときは、体を丸めて首を前に突き出したような姿勢になっています。夢中になればなるほど、ついつい前のめりに。「何だか首が痛い……何かしたっけ?」と見覚えがない首こりは、スマホやパソコンを見る姿勢が原因になっていることも。

前のめりの姿勢に気がついたら、意識して頭の位置を変えましょう。体を真っ直ぐに立てて、その真上に頭を乗せる意識をします。頭の重みは5キロほど。首を突き出す姿勢をするたびに、頭の重みを支えるために、首まわりはぐっと力を入れ続けます。頭の位置を変えるだけで、その負担は軽減していくでしょう。

 

首が限界!その場でスッキリストレッチ

(1)正座で座ります。両肩を下げてリラックスします。

(2)左腕を軽く持ち上げた状態で、頭を右方向へ倒します。左の首筋が気持ち良く伸びるところで10秒キープします。

(3)頭を倒したまま、右耳を肩に近づけるようなイメージで、斜め上を見ましょう。首回りが気持ち良くねじれる所で5秒キープします。

(4)次に、右肩を見るようにして、頭の向きを変えましょう。気持ち良くねじれているところで5秒キープします。

(5)頭の位置を戻して、一息つきましょう。

(6)反対側も同様に行います。

 

スッキリしない場合はもう一回ずつ行ってみてください。ただし、痛みを感じる場合は無理をせず、頭を横に倒した姿勢のままでオッケーです。

これならその場でもすぐにケアできますね。こりはためないようにしましょう。

【関連記事】

※ パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」