GATTA(ガッタ) > Bodymake > お疲れ脚もスッキリ!全身がポカポカになる「ぶるぶるケア」のやり方
bodymake

お疲れ脚もスッキリ!全身がポカポカになる「ぶるぶるケア」のやり方

2018.04.21 21:30

日中との気温差で身体が冷えていたり、座りっぱなし、立ちっぱなしで身体が固まっていたりしませんか? そんな一日の終わりに、身も心もゆるんで、全身がポカポカする習慣を身につけましょう。

ヨガインストラクターである筆者がご紹介するのは、ヨガのレッスンの最後にもよく取り入れるケアです。生徒さんにも大好評! ぜひ、試してみてくださいね。

 

力を抜くのはとても難しい

地球には重力があるので、それに逆らって立ったり動いたりしている身体は、常に力が入っていたり、緊張したりしています。それが日常なので、力を抜くというのが、身体のどんな状態をいうのか分からないですよね。

実は全身の力を抜いてリラックスするのはとても難しいのです。夜眠っているときは意識がないから、力なんて入っていないんじゃないの?と思うかもしれませんが、寝ていても力が取れていない人がほとんどです。

 

脱力することで、全身の機能を回復させる

筋肉を弛緩(しかん)させ、全身を緩めることで、血流を促したり呼吸を深くしたり、本来もっている機能を回復させやすくします。それだけ緊張しっぱなしの身体は不調が出やすいのです。

ヨガのプラクティスで、難しいポーズやハードな動きを繰り返すのも、最後の脱力のポーズであるシャバアーサナという、仰向けで寝るポーズで身体をゆるめ、深いリラックス状態を引き出すためでもあります。

 

全身ポカポカ、ぶるぶるケア

(1)仰向けに寝ます。両脚を持ち上げて、ひざを軽く曲げておきましょう。

(2)両腕も力を抜いた状態で持ち上げます。ひじはゆるめておきます。

(3)ひざを軽く曲げた両脚と、軽くひじを曲げた両腕を、同時にぶるぶると揺すります。

(4)二の腕、ひじ下、手首、太もも、ふくらはぎ、足首と、力が抜けていて揺れているのを感じます。なるべく大きく激しく揺すりましょう。

(5)1分間続けたのち、一気に脱力して脚と腕を下ろしましょう。

(6)ポカポカした全身を感じながらリラックスします。

 

全身をゆるめながら、激しく揺することによって全身の血流を促します。1分続けると、心地よいだるさを感じるので、ほどよい運動に! 終えた後は開放感で心地よくほぐれた身体を感じるでしょう。

疲れた日の終わりにトライしてみてくださいね!

【関連記事】

※ パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」