GATTA(ガッタ) > Interior > やるならGWが最適!不快なシーズンを快適に変える「梅雨前家しごと」
interior

やるならGWが最適!不快なシーズンを快適に変える「梅雨前家しごと」

2018.04.21 21:00

いよいよ来週にはゴールデンウイークに突入しますね。旅行などを予定されている方は天気も気になるところですが、この時期は気温は高くなっても湿度はまだ低く快適な気候。実は掃除や片付けにも最適のシーズンなのです。

もしも予定がぽっかり空いている快晴の日があったなら。今回は、そんな日にぜひやっておきたい梅雨前家しごとをまとめてみました。とはいえ、せっかくの行楽シーズン、できれば家事に時間を取られたくないものです。梅雨前家しごとを手早く片付けるための工夫も合わせてご紹介します。

 

最初のミッションは、なんといってもカビ対策

ジメジメとした梅雨時といえば、まず一番気になるのはカビ! そのためにも連休中にマストですませたいのは、クローゼットの整理です。春先はバタバタして後回しになりがちな衣替え、例えば冬物の小物類を清潔にしてから乾燥させて収納したり、冬物衣類の手入れをしたり、防虫剤や防虫シートなどの交換だったり。これらを連休中の梅雨前家しごとの1つと決めておきたいですね。

ちなみに引き出しや収納ケースの中で行方不明になりがちな防虫剤は、お茶パックを収納袋として貼り付けて定位置を作れば交換も手早くできるのでおすすめですよ。

カビが心配といえば下駄箱も、拭き掃除したり防湿防カビグッズを交換したり、一度風通しをよくしておきたい場所です。

特に拭いても効果が続く防カビシートなどを敷いておくと、掃除も簡単で、邪魔になりがちな防湿グッズが不要になるので便利です。

 

臭いの元を徹底的に絶つ!

年末年始の寒空の中、乾燥しきってしまっている水あかやぬめりなどの水回りの掃除は過酷ですが、暖かくなったこの時期は、汚れも緩みやすく水仕事もつらくありません。連休中にユニットバスの浴槽の下や排水溝など念入りに掃除をすませておくと、臭いの気になる梅雨時を快適に過ごせます。

そんな水回りの掃除をさらに短時間で済ませるコツは、汚れをとにかく緩めること。

酸素系漂白剤などは安心で簡単に使いやすく、汚れを緩めるだけでなく除菌もできるのでオススメです。水を入れたビニール袋などで栓をしてお湯をためて漂白剤を使えば、手の届かない部分も効率よく汚れを緩めることができます。

水回りのほかにもゴミバケツなども、梅雨前に一度さっぱり除菌してしっかり乾燥させておきたいですね。

 

大物の洗濯もこの時期がチャンス

カビと臭いの元を絶つだけでも不快な梅雨を十分に快適に過ごせそうですが、もう少し余力があるなら、雨や曇りが続くシーズンの前に、家中の敷物やカバーやカーテンを洗っておくのもオススメです。気温が高くなりつつあっても湿度はまだ低いこの時期は、カーテンはレールに下げておけば乾いてしまうこともあります。連休中は大物の洗濯にも最適なシーズンなのです。

近年は梅雨の後の夏の湿度も高くて辟易しますが、梅雨前家しごとで、長く続く不快なシーズンを快適に過ごしたいですね。

【関連記事】

物で溢れていても大丈夫!「魔法の収納法」でスッキリきれい

整理収納アドバイザーが厳選!「無印良品」のマストバイ収納グッズ3つ

仕事や家事…「オン」を頑張る私のスイッチの切り替え方(PR)