GATTA(ガッタ) > Bodymake > 身体が硬くても大丈夫!骨盤調整におすすめのヨガポーズ【NattyYoga】
bodymake

身体が硬くても大丈夫!骨盤調整におすすめのヨガポーズ【NattyYoga】

2018.04.23 21:00

骨盤のゆがみにお悩みの方、身体は硬いけど気軽にヨガのポーズを行いたいという方必見! 今回ヨガインストラクターの筆者が紹介するのは、脚や背中、お腹、お尻をストレッチする“かんぬきのポーズ”。

猫背や反り腰などの骨盤の歪み、姿勢のお悩みがある方はとくにおすすめです。

ご自身の体調に合わせ負荷や軽減をとりいれながら行ってみてください。

 

動画を見ながら…LET’S TRY!

ヨガは基本的に鼻から吸って鼻から吐く呼吸です。いつもより深い呼吸を意識してみてください。

(1)まずはひざ立ちになりましょう。そして脚を腰幅程度に開きます。後ろの脚のつま先は立てても立てなくても大丈夫です。

(2)そこから右脚を真横に伸ばしていきましょう。脚先は外に向けますが、きつければ少し内に向けても大丈夫です。

(3)左手を上に伸ばして息を吸って、吐きながら右に身体を倒していきましょう。

(4)倒す角度を選びながら右手は脚にそえて、左手は耳の横に伸ばしましょう。

(5)身体が前のめりにならないようにし、外側の伸びを感じながら、呼吸を繰り返します。(目安5呼吸)

(6)ゆっくりポーズをほどき反対も同様に行います。

 

ポーズをとるときのコツ

・骨盤が左右に逃げないように平行に保ちます。

・重心が左右どちらかに偏らないようにしましょう。

・肩が内側に入って胸が縮こまらないように注意しましょう。

・耳、肩周り、上半身の力はなるべく抜きます。

・ひざが痛い方はひざ下にタオルを敷きましょう。

 

ヨガ的おすすめポイント

骨盤周辺の筋肉のバランスを整え、骨盤の歪みの軽減をさせながら、スッキリした腰まわりを目指します。

背骨の調整や、背中、脇腹、太もも、足首のシェイプアップにもおすすめです。

 

続けることで身体も心も少しずつ変化が訪れるはず。完ぺきなポーズを目指す必要はありません。自分ができる範囲でチャレンジしてみてください。

【関連記事】

※ パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。