GATTA(ガッタ) > Beauty > 300円で魅せる美肌に!魔法のスポンジ「エバーソフト」活用テク3つ
beauty

300円で魅せる美肌に!魔法のスポンジ「エバーソフト」活用テク3つ

2018.04.18 21:00

スポンジはベースメイクを仕上げる大切なアイテム。それにもかかわらず、なんとなく選んでいる方も意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は、筆者が溺愛するプチプラスポンジ、Canon『エバーソフト』をご紹介。いつものスポンジを『エバーソフト』に変えるだけで、ベースメイクの仕上がりが格段にアップ! おすすめの使い方もご説明しているので、使ったことがない方はもちろん、すでに愛用中の方もぜひチェックしてくださいね。

 

至高のスポンジ?大人気の「エバーソフト」

『エバーソフト』は、有名美容家にも愛用者が多いメイクスポンジです。天然ラテックス(ゴム)100%でできており、独特のもっちりとした質感が特徴。肌に触れるととても気持ち良く、メイク時間が楽しみになります。しかも、1つ300円! 手軽に変える価格なのもうれしいポイントです。

活躍の幅も広く、リキッドファンデーションやパウダーファンデーションはもちろん、ルースパウダーにも使用可能。まさにオールラウンダーといえるアイテムでしょう。

そんな『エバーソフト』、メーカー自ら「お化粧にはこれ以上の最適品はありません」と宣言した説明書きを添えるほど、そのクオリティに定評あり。ここからは、筆者が特に感動した使い方を3つご紹介します。

 

1:スキンケアの最後に使って余計な油分をオフ

まず筆者が『エバーソフト』を使うのは、スキンケアの最後です。よく「スキンケアを終えてすぐに下地やファンデーションを塗ったら、うまくなじまずにメイクが浮いてしまった」という声を耳にしますが、『エバーソフト』を使えば、そんなトラブルも回避できます。

出典: GATTA(ガッタ)/左:Canon『エバーソフト』、右:TSUDA SETSUKO『スキンバリアクリーム』

使い方は簡単で、クリームを塗った後、何もついていない『エバーソフト』で、顔全体を優しくパッティングするだけ。スポンジが余分な油分を吸い取ってくれるので、保湿されているのに表面がベタベタしない肌になります。

「メイクが浮くのが怖くて、朝はクリームを使えない」という方も、これならしっかりと保湿できますよ。

 

2:ベースメイクの仕上げに使って密着度アップ

次に活躍するのは、ベースメイクの最後のタイミングです。

筆者が愛用しているファンデーションはブラシ塗りがきれいに仕上がりますが、それでも必ず最後に『エバーソフト』でパッティングします。これにより、スキンケアのときと同様に余分な油分をオフできるだけでなく、ファンデーションの密着度もアップ。崩れにくいベースメイクに仕上がるのです。

出典: GATTA(ガッタ)/右:イプサ『ファウンデイション アルティメイト』

ちなみに、こってりとした使用感の下地を使う際も、同じようにパッティングしています。ただし、ツヤ感が美しい下地でこれをやってしまうと、せっかくのツヤが消えてしまうことも……相性を見ながら使ってみてくださいね。

 

3:お直しでも活躍!ヨレたベースメイクをオフ

『エバーソフト』は、お直しのタイミングでも活躍。きれいな状態でポーチに入れて持ち歩き、ベースメイクがヨレた部分を優しく押さえてオフします。

出典: GATTA(ガッタ)/中央:イプサ『ザ・タイムR デイエッセンススティック』、右:SK-II『ミッド-デイミラクルエッセンス』

さらに、スティック美容液やミストで保湿した後も、同じように『エバーソフト』でなじませれば完璧。上からファンデーションを重ねれば、メイクしたてのような仕上がりになるのです。

 

プチプラなのに優秀すぎるスポンジ『エバーソフト』は、店頭、オンラインショップを問わず品切れが続出中。見つけたときは、迷わず購入することをおすすめします。

朝のスキンケアに、メイクに、お直しに……スポンジを『エバーソフト』に変えて、よりきれいな肌に見せませんか?

【関連記事】

「ベースメイク」コラムをもっと見る!

※ イメチェン!「若見え」が叶う前髪4選

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」