GATTA(ガッタ) > Bodymake > 美脚の決め手「脚の顔」とは?スラリとした太ももに見せるヨガポーズ
bodymake

美脚の決め手「脚の顔」とは?スラリとした太ももに見せるヨガポーズ

2018.04.16 20:00
出典:GATTA(ガッタ)

スラッとした美脚を手に入れたいと、ふくらはぎや太もものサイズを気にする人は多いですよね。では、“脚の顔”と呼ばれるあの部分はどうでしょう。

脚の顔とは、“ひざ”のこと。脚の顔がたるんでいると、それだけで足全体が締まりのないだらしない印象になってしまうのです。反対に、脚の顔がシュッとしていると、多少ボリュームがあっても引き締まった印象に。

そこで今回は、“脚の顔”の引き締めストレッチをご紹介します。

 

脚を美しく見せる大事なパーツ…「ひざ」

ひざの上がたるんでお肉が乗っていると、途端に脚が太く、だらしなく、老けた印象を与えてしまいます。

その原因のひとつには、太もも前面にある“大腿四頭筋”の筋肉量が不足していることが挙げられます。この部分の筋肉量が不足していると、お肉が落ちてきたり、リンパの流れが悪くなってむくんだりして、ひざ上にお肉が乗ることがあるのです。

椅子に座り脚を腰の高さに持ち上げた状態や、床に立った状態(足を伸ばした状態)で、ひざの上にプヨッとしたお肉が乗っている人は、さっそく太ももの前面を使う動きを取り入れてみましょう。

 

太もも前面を鍛える方法

太ももの前面を鍛えるのにオススメなのが、“ダウンドッグ・ペルビックオープン”。

ヨガの代表的なダウンドッグのポーズ、そして片足を真上に伸ばす動きによって大腿四頭筋(だいたいしとうきん)が収縮、そこからひざを曲げる動きでは伸張することから、太もも前面へアプローチしていきます。

(1)床に正座の姿勢になり、腕を前に伸ばして額を床につけるチャイルドポーズを取ります。

(2)つま先を立て、お尻を斜め上に引き上げるように持ち上げ、ダウンドッグポーズに。

このとき、床についた手首から尾骨までが斜め一直線になるように意識しましょう。また、ふくらはぎ・太ももの裏に張りを感じたら、片ひざずつ曲げて足踏みをし、かかとを床に近付けます。

(3)右足を真上に伸ばし、骨盤は右側に傾けます。右足は、体の中心をまっすぐ通っているようなイメージでキープしましょう。

(4)右ひざを曲げて、かかとをお尻に近付けたら、ゆっくりと呼吸を繰り返します。

(5)右足を下したら、反対側も同様におこないましょう。

 

このポーズは、腕の押す力やお腹を引き上げる力、ふくらはぎ、太もも裏の柔軟性が必要となるため、最初から無理をするのは禁物です。まずはダウンドッグをしっかりと完成させ、そこから片足を上げる動き・ひざを曲げる動きをしましょうね。

注意点を守って安全におこない、スッキリ美脚を目指しましょう!

【関連記事】

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

※ なんとかしたいプヨ太もも!知らなきゃ損する「寝ながらエクサ」のコツ

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)