GATTA(ガッタ) > Bodymake > 忙しい人必見!入浴中に「効率よく」むくみ脚をケアする方法
bodymake

忙しい人必見!入浴中に「効率よく」むくみ脚をケアする方法

2018.04.17 21:00

1日頑張って働いた夜、帰りの靴がキツかったり、家に帰ると脚がパンパンでつらいという人は多いのではないでしょうか。その日のむくみはその日のうちに解消し、翌朝すっきり軽い体で目覚められるようにしたいところです。

そこで今回は、エステ講師の筆者が、忙しい女性におすすめの“効率よく”むくみ解消を目指すマッサージ”をご紹介します。

 

「むくみケア」は、入浴タイムに注目

体が温まる入浴タイムを活用するのが、むくみ解消にはベストといわれています。入浴後にマッサージを丁寧にするのは、忙しいときにはなかなか難しいので、湯船に使っている時間も活用するのがオススメです。

湯上りはスキンケアやドライヤーなど、やることが多いですよね。そのため入浴タイムも、美容の時間として楽しく過ごしましょう。

 

入浴中のケア1:めぐり改善マッサージ

入浴中にやっておきたいことは2つ。

まずは、座ったままで圧迫されていたり、動かさずにいたことで流れが停滞してしまった血流ケアから始めましょう。

やっておきたいのは以下の3つ。

・足首を回す
・膝の裏を指で揉む
・股関節を指で押す

気持ち良いと感じるところは時間をかけてくださいね。

 

入浴中のケア2:むくみマッサージ

脚全体がむくんでいるわけですが、なかでもここが気になるという箇所が、人それぞれあると思います。

全体的に揉んだり、気になる箇所を揉んだりするといいと思いますが、今回は特にオススメの箇所をご紹介。マッサージの参考にしてみてくださいね。

(1)足首の上を揉む

足首の上の筋肉は硬くなりやすい場所。重点的に揉むと、足首がすっきり、ふくらはぎの位置が高く見えます。

(2)膝上をすっきり

膝周りがすっきりしていると、メリハリがあって美脚に見えます。膝上のもたつきやすいお肉もしっかり流しておきましょう。

(3)全体をグーでゴシゴシこすってほぐす

セルライト解消も期待できるこのマッサージ。膝下はもちろん、太ももも全方位グーで流して、絡まり合った老廃物を外に出やすい状態にしましょう。

 

湯上りには、保湿+マッサージをセットで

お風呂上りは、オイルやクリームで保湿して終了です。さらに、塗り方を工夫することでむくみケアも目指せますよ。

保湿は、指先から脚の付け根に向かって、下から上へ持ってくるように保湿を行いましょう。こうすることで、保湿+血流ケアが期待できます。

ポイントは、脚だけで終わらないこと。体の正面は鼠蹊部(そけいぶ)を越えたところまで、体の後ろ側はお尻を越えて腰まで持っていきましょう。

お水を1杯飲むのも忘れずに。めぐりを良くして、いらないものを外に排出させましょう。

 

毎日完璧にマッサージをするのは大変ですが、効率よくやれば手間もそんなにかかりません。キレイをキープするために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

※ なんとかしたいプヨ太もも!知らなきゃ損する「寝ながらエクサ」のコツ

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」