GATTA(ガッタ) > Interior > 物で溢れていても大丈夫!「魔法の収納法」でスッキリきれい
interior

物で溢れていても大丈夫!「魔法の収納法」でスッキリきれい

2018.04.14 21:45
出典:GATTA(ガッタ)

自分も家族も新しいスタートを切ったこの季節、年度の初めは家の中を見直したくなる季節でもあります。なぜなら、新しい通勤バッグ、新しいスーツ、新しい教科書など、新しい物が家の中に一気に入ってくるタイミングでもあるから。

この時期に収納をきちんと整理しておくと、今年度もスッキリ暮らすことができますよ。

 

引き出し、こんなことになっていない?

引き出しの中、収納庫の中が物に溢れて写真のようになってはいませんか? よく見ると、しばらく使っていないものや、その場所にあること自体がおかしいものが紛れていたり……。

放っておくとどんどん散らかってしまうので、この機会にぜひリセットしておきましょう!

 

収納をはかどらせる「魔法のカード」を作ろう

まずは、その場所にあるものを“いる物”“いらない物”に分類。古くなったり、しばらく使っていなかったりする物は“いらない物”に入れていきます。

この作業をすると「なんでこれがここにあるの?」という仲間はずれも出てくるはず。それらは“ここにあるのはおかしい物”として分類し、別の居場所を確保します。頭で考えるだけでなく、写真のようにラベルを作って床などに貼り、視覚的にも意識しながら整理するとはかどりますよ。

この方法なら、子供も簡単に分類することができます。子供部屋や子供の机は、我が子に任せるのも良いかもしれませんね。

 

分類の結果やいかに?

ご紹介した分類法で子供が整理をした机の引き出しがこちら。

まずはビフォーから。

出典: GATTA(ガッタ)/ビフォー

そしてアフター。

出典: GATTA(ガッタ)/アフター

ちょうど1年前の4月にはアフターと同じ状態だった引き出しが、1年過ごして物を詰めこんだ結果、ビフォーのような状態に。

しかしこの程度の溢れ方なら、先ほどご紹介した分類法を使えば、集中して2時間弱で片付けることができます。例えばこれを2年放置してしまうと、リセットにはきっと倍の時間がかかりますよね。

日々の生活の積み重ねでつい散らかしてしまったときは、1年を目途にリセットするようにしましょう。

 

新生活・新学期のスタート時に“収納リセット”が間に合わなかった場合も、GWの予定に“おうちリセットデー”を組み込んでみては?

今年度をスッキリ気持ちよく過ごすことができますよ。

【関連記事】

※ 今ドキ眉はこれ!やぼったい「残念眉」にならないための描き方

※ ニコっと笑った位置じゃない!? NGチークの入れ方と正しいメイク法

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)