GATTA(ガッタ) > Beauty > アイライン無しでOK!自然に「華やか目元」を作るコツ3つ
beauty

アイライン無しでOK!自然に「華やか目元」を作るコツ3つ

2018.04.12 20:00

目元をより華やかにしたいとき、みなさんはどうしていますか? アイラインをがっつり引くのもひとつの手ですが、やりすぎなアイメイクはちょっぴり古い印象も。

最近はナチュラル寄りなメイクがトレンド! ということで今回は、アイラインを引かなくとも目元が華やかに仕上がるコツ3つをご紹介します。

 

1:「下まつ毛」が華やかアイの秘訣

ナチュラルメイクでありつつ、ぱっちりとした華やかな目元を叶えるのに重要なのが“下まつ毛”です。下まつ毛はノータッチという方は、もったいないですよ!

写真下は、下まつ毛にマスカラを塗った状態です。目元に締まりが生まれ、目力がアップしていますよね。下まつ毛にマスカラを塗るだけで化粧っ気が出るので、ちょっとした近所へのお買い物の時などは、これぐらいでも大丈夫そう。

これは上まつ毛にはまだ手を加えていない状態なので、下まつげのボリューム感は上まつ毛の様子に合わせて変えるととバランスが良いでしょう。

 

2:上まつ毛のマスカラは「目尻」にたっぷり塗ろう

こちらが下まつ毛と上まつ毛、両方にマスカラを塗った状態です。アイラインを引かなくても、まつ毛にしっかりマスカラが塗れているだけで、目力を感じますよね。

友人とのランチ会など、華やかさがほしいときには、上まつ毛にもたっぷりマスカラを塗りましょう。

そのときに意識したいのが、目尻側のまつ毛です。黒目を通り過ぎたあたりから、斜め上方向にマスカラを塗っていくと良いでしょう。まつ毛が外に広がるようなイメージです。目尻のあたりにしっかりマスカラが塗れていると、より華やかな目元に近づきますよ。

 

3:ハイライトは「下まぶたのキワぎりぎり」を攻めよう

目の下にある“ホルモンタンク”と呼ばれている涙袋ですが、ハイライトの塗り方で印象が大きく変わってきます。

一般的に写真の黄色いラインあたりにホワイト系のハイライトを塗っている方が多いですが、一見、昔ながらのギャルのような印象になってしまうことも……。

ぷっくりとした涙袋は確かに女性らしくて可愛いですが、上品な大人の女性的なナチュラルメイクを目指すのであれば、写真のピンク色のラインを目指してハイライトを細く長く仕込んでみましょう。

下まぶたのキワぎりぎりにハイライトをのせることで、ナチュラルに華やかな目元を演出できますよ。

 

アイラインをひかなくとも、自然にぱっちりとした目元が完成します。3つともとっても簡単なコツなので、ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 今ドキ眉はこれ!やぼったい「残念眉」にならないための描き方

※ ニコっと笑った位置じゃない!? NGチークの入れ方と正しいメイク法

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)