GATTA(ガッタ) > Leisure > 空港から車でたった5分!? 弾丸旅行でも外せない「マカオグルメ」3つ
leisure

空港から車でたった5分!? 弾丸旅行でも外せない「マカオグルメ」3つ

2018.04.22 21:30

アジアのみならず、世界中からエンターテインメントやラグジュアリーな体験を求めて観光客が集まるマカオ。

マカオ国際空港から車で5分に位置するコタイ地区は、ショッピングやショーとともに世界中の本格グルメが楽しめます。

そこで今回は、マカオに行ったら必ず明日を運びたいマカオグルメ3つをお届けします。

 

1:甘すぎない!風味豊かなエッグタルト

マカオの名物といえば、エッグタルト。濃厚なクリームと、サクッとした食感で、地元っ子にも大人気のスイーツです。

有名店がいくつかありますが、中でも、筆者が一押しなのが、そのイギリス人シェフ、アンドリュー・W・ストウ氏のお店『ロード ストーズ ベーカリー(Lord Stow’s Bakery & Cafe/澳門安徳魯餅店)』。

エッグタルトのルーツは、ポルトガルで古くから食べられていたお菓子のレシピを改良したのが始まりですが、その立役者がアンドリュー氏だとか。

本店はマカオ内のコロアン島にありますが、エンターテインメントの中心であるコタイストリップでは、『ザ ヴェネチアン マカオ(The Venetian Macao)』(以下、ヴェネチアン)にも店舗があるので、ショッピングやショー鑑賞の前後に立ち寄ってみては?

表面の焼き目の香ばしさと、卵の風味豊かな甘さ控えめのカスタードのコンビネーションが絶妙! 甘すぎるスイーツが苦手な方にもおすすめできます。

 

2:ミシュランの星獲得!インド料理ビュッフェ

世界中のグルメレストランが揃っている、ヴェネチアン。なかでも珍しいのが『ミシュランガイド香港マカオ』で2014年~2018年まで5年連続で1つ星の評価を獲得しているインド料理店『ゴールデン ピーコック(The Golden Peacock)』。

マカオで初、そして唯一のミシュラン星付きエスニックレストランとして注目を集め、マカオを訪れるインド人観光客にも大人気なのが、こちらのお店。

ホテルの関係者によれば、もともとヴェネチアンを舞台にしたテレビドラマがインドで放映されたことがきっかけで、こちらを訪れるインド人ゲストが多いのだとか。

ランチビュッフェが特に人気で行列が絶えないそうですが、カレーやタンドリーチキン、シーフードなどは、日本人の口にも合うマイルドな味わいでした。

各テーブルにソースなどが置いてあり、辛さの調節ができるのもありがたいです。

店内は、インド風×モダンなインテリアでまとめられています。オープンキッチンでは、インド人のシェフたちが料理を仕上げる過程や、ナンを焼く姿を見ることも可能。

マカオでインド料理が有名というのは、ちょっと意外な発見ですよね。

 

3:モダンなアレンジが味わえる、中華ダイニング

広東、北京、上海、四川、潮州……と、中国の各地域の料理をモダンにアレンジした料理が味わえるのが『ダイナスティ エイト(Dynasty 8/朝)』。

コタイストリップの中心にある、『コンラッド マカオ コタイ セントラル(Conrad Macao Cotai Central)』の1Fのショッピングモールに面した分かりやすい場所にあります。

清、漢、隋、唐、宋、元、明、清という8つの歴代王朝名を冠した個室が備えられ、店名の由来にもなっています。インテリアは伝統的な中国スタイルのデザインを採り入れたシックで落ち着いた雰囲気。

総料理長は香港の2つ星レストランから来た方だそうで、食べる前から期待が高まっていましたが、ワサビの効いた前菜や、アワビが入った濃厚なスープ、海老を用いて甘辛く煮つめた料理など、一皿一皿に驚きがありました。

香港からフェリーで約1時間、日本の成田空港からもマカオ航空の直行便を使えば約5時間で行けるマカオは、週末でもサクッと行けてしまうのが魅力。ぜひ、次回のサク旅の候補に加えて、世界中のグルメを楽しんでくださいね!

【旅のinfo】

Lord Stow’s Bakery & Café(ロード ストーズ ベーカリー カフェ)

The Golden Peacock(ゴールデン ピーコック)

※ Dynasty 8(ダイナスティ エイト)

【関連記事】

※ カップルにも人気!有馬温泉の「半混浴」露天風呂に潜入

※ 人生で一度は行きたい!トラベルライターが選ぶアジアの絶景スポット3選

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)