GATTA(ガッタ) > Bodymake > スキンケアと一緒に!忙しい朝でもできる「小顔を目指す」マッサージ
bodymake

スキンケアと一緒に!忙しい朝でもできる「小顔を目指す」マッサージ

2018.04.08 20:00

新年度は気持ちも新たに、毎朝快適にスタートしたいですよね。しかし「朝から顔のむくみがとれない」「くすみが気になる」なんてことがあると、テンションも下がり気味に。

第一印象が気になる春は、メイクの前に少しだけ手をかけて、印象をアップしてみてはいかがでしょうか。

今回は、小顔管理士の筆者が、忙しい朝でもできる、スキンケアに加えたい簡単小顔マッサージをご紹介します。

 

ステップ1:鎖骨リンパをほぐして巡りをアップ

夕方脚がむくむのに対し、寝起きは上半身がむくみがち。顔のむくみが気になる朝は、顔周辺のリンパ節をほぐして巡りを良くしましょう。

鎖骨の上を3か所、気持ちの良い強さで3秒ゆっくり押し、鎖骨の下も同じように押しましょう。

顔のむくみ、肩こりなど巡りが悪い人は痛気持ち良いと思います。鎖骨の下、バストトップをあがったところにはツボがあり、呼吸が深くなるので、お顔に酸素や血液が行き届いて明るくなりますよ。

 

ステップ2:耳回しでくすみを改善

耳の近くには耳下腺リンパ節があります。耳を刺激して、リンパ節も刺激しましょう。

耳たぶの上、真ん中、下の3か所を、軽くひっぱりながら大きく耳の根元が動くように回してみてください。

それぞれ左右に10回ずつ行うと、じんわり温まってくる感じがあると思います。

 

ステップ3:側頭筋をほぐしてリフトアップ

疲れてくると、ほうれい線がいつもより深くなった気がする、顔のたるみが気になる人には側頭筋のほぐしがオススメです。

頭と顔は1枚の皮膚でつながっているので、耳の上のあたりをひっぱると、頬が引き上がります。頭は意外と凝りやすい場所なので、この部分はこまめにほぐして柔軟にしておきましょう。

手のひらの下の部分、手根を使ってぐるぐるほぐすとやりやすいですよ。

 

ステップ4:エラほぐしでフェイスラインをすっきり

小顔の施術にはいろいろありますが、朝にオススメなのがエラの部分です。

ストレスなどで、寝ている間に歯ぎしりをしたり、食いしばったりしているとエラにある筋肉が固くなってしまいます。

顔が大きく見えてしまうので、頬骨の外、耳の前からエラの角にかけて、少しずつ場所を変えてほぐしましょう。

 

この春、ぜひ試したい小顔マッサージ。簡単なので、メイク前のスキンケアと一緒に試してみてくださいね。

【関連記事】

※ パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ

※ たったの15秒でヤセ癖がつく!? 自宅でできる「体幹トレーニング」のコツ

えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」