GATTA(ガッタ) > Hair > コツはたったひとつだけ!「ペタンコになる髪」をふんわり保つテク
hair

コツはたったひとつだけ!「ペタンコになる髪」をふんわり保つテク

2018.04.07 20:30

春先は外に出かける機会も多いはず。髪型をバッチリきめておでかけされる方も多いのではないでしょうか?

そんなとき悩みのタネになるのが“髪がペタンとしてしまう”こと。そこで今回は、現役スタイリストの筆者がそんな髪の悩みにお答えします!

 

ペタンとなる髪をどうにかしたい!

さてさて今回のご相談はこんな感じです。

初めまして。私の髪はロングで重ためです。なのでかはわかりませんが、全体的にペタンとしてしまいます。美容師さんに相談して上の方を軽くしてみたら、表面に短い毛が出てパサパサに見えてすごく嫌でした。それ以外にペタンとならない方法はないんでしょうか? ボリュームを出すためには短い毛が出てくるのを我慢しないといけないのでしょうか?

そうですよね……ペタンとしてしまうんですよね。これは、髪質や毛量・根元の立ち上がり・生えグセ等が影響しています。

しかし、毎日やっている“あの作業”のやり方を工夫してあげるだけで劇的にボリュームが出ちゃうんですよ!

 

コツは「ジグザグに乾かす」だけ

先ほど書いたように、ボリュームが出ない原因は髪質や毛量・根元の立ち上がり・生えグセ等、さまざまあります。原因がたくさんあると全部に対処するために色々なことをしないといけないのではと思いますよね?

しかし筆者がお教えする方法はただ一つ。ドライヤーで風を当てながら、指の腹で根元をジグザグに動かすということだけで良いんです。

こんな感じです。前から後ろに風を当てましょう。

こちらは、何も考えずに乾かした状態。ペタンとしていますね……つむじの生えグセに影響されて、毛束が割れてしまっています。このペタンとした髪だと、根元からしっかり巻いても下ばかりボリュームがでるスタイルになってしまいます。

一方こちらは、根元をジグザグに乾かした状態。最初の状態との差は歴然ですね。髪が自然と根元から立ち上がってくれています! “根元が立ち上がる”ということは、全体に自然な丸みが出ている状態なので、巻いたときもキレイなシルエットに仕上がりやすいですよ。

 

ふんわりしやすいヘアスタイルにするのもGOOD

今回の相談者のように重めのヘアスタイルにしている方は、ジグザクに乾かしてボリュームを出しても物足りなさを感じてしまうかもしれません。もし「もっとふわっとさせたい!」と思ったら、担当の美容師さんと相談して“ふわっと動きが出しやすいレイヤーを入れたスタイル”に挑戦するのも一つの手ですよ。レイヤーが入った状態の髪なら、簡単にボリュームを出すことができるようになります。

 

いつも使っている道具だけで仕上がりを変えることができると便利ですよね! 普段髪がペタンとなってしまう方は、ぜひこの機会に試してみてください。

【関連記事】

※ えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

※ 今ドキ眉はこれ!やぼったい「残念眉」にならないための描き方

※ ニコっと笑った位置じゃない!? NGチークの入れ方と正しいメイク法