GATTA(ガッタ) > Beauty > ブラウンは卒業。目の形別ONに使える夏アイシャドウ
beauty

ブラウンは卒業。目の形別ONに使える夏アイシャドウ

2017.05.14 21:00
出典:https://gatta-media.com

ONのシーンで使われるアイシャドウといえば、やはりブラウンが鉄板でしょう。派手すぎず、でも“メイクをしている感”を出せる優秀なカラーです。

しかし、そんなブラウンも実は夏に使うには難しい色。質感や発色に注意しないと、季節に合わない重たい目元になってしまいます。

そこで今回は、夏のオフィスにおすすめのブラウン以外のアイシャドウを、目の形別にご紹介。

あなたもぜひ、自分にぴったりの“夏アイシャドウ”を見つけてくださいね。

 

一重さんには軽やかで優しい「ピンク」がおすすめ

クールで凛とした印象の一重さんは、黒やグレー、ブルーなどの寒色を使うときつい目元になりがちです。そこでおすすめなのが、優しいピンク。ブラウンよりも軽やかで、暑い夏にぴったりです。

「甘すぎて私には合わない」と思うかもしれませんが、大人に似合う落ち着いたピンクを選べば、難なく使えます。

また、ピンクだけでなく、きちんと締め色を入れることも重要なポイント。そうすれば、優しい雰囲気を演出しつつも、目は腫れぼったくなりません。

出典:https://gatta-media.com

おすすめのアイシャドウは、KANEBOの『カネボウ セレクションカラーズアイシャドウ』の03(Gently Pink)。

大人の女性向けにつくられたパレットなだけあって、どのカラーもとても上品です。特に、パレット左側の2色のピンク! 上は繊細なラメが美しく、下はくすみ具合が絶妙です。

また、右にはブラウンの締め色が、中央には下瞼に使えるハイライトカラーがセットされています。これ1つであらゆる悩みを解決してくれるのもうれしいポイントです。

 

奥二重さんは「深みのある赤」で目尻を飾って

奥二重さんのアイメイクの悩みといえば、目頭から中央部分のキワに色を塗っても、目を開くと隠れてしまうことでしょう。そんな奥二重さんは、潔く濃い色は目尻にのみ使うと吉。夏らしい印象のカラーを目尻にすっと引くだけで、オシャレに仕上がります。

出典:https://gatta-media.com

おすすめのアイシャドウは、SUQQUの『デザイニングカラーアイズ』04(絢撫子)。

右下の締め色は深みのある赤で、派手すぎないのでオフィスでも浮きません。いつものブラウンのように使えるのに、ブラウンよりも軽く、無難にならないカラーです。

その他のカラーもパールのツヤがきれいで、アイホールにささっと塗るだけで立体感を出すことができます。大粒のラメとはまた違う、印象的な目元になりますよ。

 

二重さんは女っぽい「グレー」でいつもよりクールに

二重さんの場合、一重さんとは対象的に甘い印象になりがちです。キリッとしたデキる女っぽさを出したいなら、甘くならないグレーを使うのがいいでしょう。一気にクールで涼しげな目元になれます。

また、二重幅に締め色、その上にメインカラーときっぱり分けてしまうと、古くさい印象になってしまいます。今っぽく仕上げたいなら、ぜひ単色グラーデーションにチャレンジしてみてください。

出典:https://gatta-media.com

おすすめのアイシャドウは、COSMEDECORTEの『アイグロウジェム』GY081(写真下)。

グレーでもパープルに近い発色なので、きつくなりすぎず、女っぽい目元になります。指で簡単に塗れるのに、濡れたようなツヤと上品なラメの両方をまぶたに乗せられる、優秀なアイシャドウです。

また、下瞼には色をつけず、ラメだけにするのがおすすめ。ヌケ感が出て、大人の余裕を感じさせる仕上がりになります。同じく『アイグロウジェム』のPU180(写真上 ※限定品)は、GY081と相性ぴったりです。

 

夏に似合う“ブラウン以外のアイシャドウ”を使えば、ぐっと垢抜けた印象になれます。この夏は、ぜひ目元からのイメージチェンジにトライしてみてください。

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」