GATTA(ガッタ) > Bodymake > パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ
bodymake

パンパンな太ももに!「下半身を引き締め」を目指すバランスポーズ

2018.03.28 21:00

太ももをほっそりさせたいとき、エクササイズをするのもいいのですが、筋肉太りをしているかもしれない太もものまま、エクササイズや筋トレをするのも心配ですよね。

そこでヨガインストラクターである筆者が、太ももをスッキリさせるヨガのバランスポーズをご紹介します。

 

太ももの太さは筋肉太り?

太もも太りの悩みをもつ女性は多いですが、その原因が余計な脂肪なのか、筋肉太りなのか、むくみなのか、はたまた、姿勢の悪さや歩き方の癖によってできる脚の形なのかは人それぞれです。

太ももの張りでも、姿勢の癖によって太ももの前側、後ろ側、外側など場所が変わります。とくに太ももの前側の張りは、見た目にもゴツく見えてしまいますよね。まずは太ももの張りをほぐしましょう。

太ももの張りは、歩くたびに太ももに負担をかけて歩いてる可能性があります。柔軟にしておくことで、脚の負担を取り除き、スッキリしてきますよ。

 

バランスポーズで脚全体の引き締めにも

(1)立った姿勢から、右ひざを曲げた脚を持ち上げ、足先をつかみましょう。

(2)左の脚は、お尻に軽く力を入れ、太ももの骨、すねの内側の骨に体重を乗せるように意識して、脚の外側だけに重心をかけないようにバランスを保ちます。

(3)ふらつく場合は、片手を壁について支えましょう。

(4)余裕がある方は、右手を足から離します。左脚のひざを軽く曲げ、右腕を後ろに回します。体ごと右方向へひねりながら、右手で右足の親指をつかみましょう。

(5)左手は腰か右手首をつかみ、右ひざを床の方へ向けるようにして太ももを伸ばします。

(7)難しい場合は、右足先を両手でつかんだまま、ひざを床のほうへ向けるようにして太ももを伸ばす姿勢でもOKです。

(8)反対側も同様に行います。

 

少し難しいポーズですが、壁に手をついた姿勢などで試してみてください。片足でバランスを取るときも、脚の筋肉全体を使うようにして引き締めていきましょう。

 

【関連記事】

えっ、そうなの!? スーパーフードは「頭皮ケア」にも重要だった(PR)

「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

IKEA・ダイソー・無印良品!「持ってて損なし」の厳選アイテム3つ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」