GATTA(ガッタ) > Hair > どうにかしたい片方だけハネる髪!美容師が教える「内巻き」テクニック
hair

どうにかしたい片方だけハネる髪!美容師が教える「内巻き」テクニック

2018.04.03 21:00

みなさんは、髪に関する悩みを持っていますか? 普段は店舗に立ち美容師をしている筆者ですが、なかなかお店に来ることができない遠方の方からSNSを通して髪に関する質問をいただくことも少なくありません。

そこで、筆者のもとに届いた髪のお悩みとその解決方法をご紹介! 今回のお悩みは“毛先がハネる問題”です。

内巻きにセットしても、気づくと外ハネになっている!

ある日、筆者宛にこんな相談が。

こんにちは! (中略)先日ロングからバッサリ切って肩上のボブにしたんですが、アイロンで内巻きにセットしたのに時間が経つと右側だけ外にピヨっとハネてしまいました……何回やってもハネてしまいます。どのようにセットすればハネづらくなりますか? やっぱりスプレーでガチガチにしないとなんでしょうか? 教えてください。

せっかくかわいくカットしてもらっても、スタイリングが上手くいかないと嫌になっちゃいますよね。しかし、この“ハネ問題”は意外と簡単に解決できるんですよ。早速トライしてみましょう。

一日キープできるスタイリングを!簡単「内巻き」のつくり方

(1)巻くときは、面倒でも「ブロッキング」を取ろう

“ブロッキング”とは髪を小分けにしてそれぞれを留めることです。少し面倒と思えるこの作業こそが一番大切であり、髪を巻くときの基本になります。

早く巻きたい衝動は抑えて、まずは基本に忠実に!

写真のように前上がりにブロッキングすると、巻きやすいですよ。

小分けにブロッキングすることで一束ずつの毛量が減るので、アイロンの熱がムラなく伝わりやすくなります。よって、髪にしっかりとカールが付いてくれるんですね。

目安は、サイド2つ・バックは3つ。ただし個人の毛量や毛質によってちょうど良いブロッキング数は異なるので、増やしたり減らしたりして調整してみてくださいね。

(2)角度に注意して巻こう

さて、いよいよ髪を巻いていきましょう。巻きたい衝動を爆発させちゃってください! ただし、アイロンを入れる角度にご注意。

ここが一番のポイントですよ。

まずはNGな巻き方から。

アイロンやコテで、髪をまっすぐ下向きに挟んでいます。一見正しい挟み方に見えますが、より美しい内巻きをつくるには、挟み方を少し工夫してみましょう。

正しい巻き方はこちら。

この角度で挟むのがとっても重要! 髪を前に持ってくるように挟んでいますね。こうすることで、時間が経ってもハネにくい美しい内巻きが完成します。

比べて見ると一目瞭然ですね! この調子で上の段も同様に巻いていきましょう。

(3)左右が均等か鏡で確認

最後に、鏡の前にまっすぐ立って左右の髪の巻き具合をしっかり確認しましょう。

んーいいですね! 均等にカールがついています。今回ご紹介した“ブロッキング”と“アイロン・コテを挟む角度”を意識するだけで、時間が経ってもハネてくることは少ないはずです。

 

毎日のスタイリングは、キレイに・上手に仕上げることはもちろんですが、それ以前に“楽しむこと”が大切。「失敗してもいい」と思って大胆にやってみましょう! そういうときの方が意外と上手くスタイリングできることも。

みなさんも、今回ご紹介した手順を参考に、美しい内巻きをつくってみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

コテ&ストレートアイロンでおすすめヘアアレンジ!巻き髪・内巻きワンカール・外ハネヘアのつくり方

すぐ取れる…と諦めないで!美容師が実践する「巻き髪」が長持ちするコツ

美容師に聞いた!誰でも簡単に「うねりケア」が叶う優秀ヘアケアアイテム4つ(AD)