GATTA(ガッタ) > Interior > やる気が出ない人必見!「5分だけでOK」のプチお片付けテクニック
interior

やる気が出ない人必見!「5分だけでOK」のプチお片付けテクニック

2018.03.21 22:00

“片づけないとと思って入るものの、やる気が全く出ない”という方は多いと思います。

確かに、お片付けが苦手な方にとってはすごくハードルが高く感じてしまって、なかなか最初の一歩すら踏み出せないこともありますよね。

そこで今回は、どうしてもやる気が出ない方のためのハードルの低いお片付け実践術についてご紹介します。

 

5分だけと決めてタイマーをかける

やる気がどうしても出ないという方は、ずっとそのまま待っていても永遠にやる気は出ません。

そのため、やる気がでなくてもとりあえず無理矢理にでも始めてみることが大事です。

効果的なのは、タイマーをかけてみるということ。

人間、不思議なもので時間が迫っていると“やらなきゃ!”という気持ちに意外となったりしますよね。

筆者自身も朝の支度などで時間がない時、子どもたちがのんびりしていたら「じゃあ5秒で終わらせよう!5、4、3……」とカウントダウンを始めることがよくあります。そうすると、不思議とのんびりしていた子どもたちも急いで動き出したりします。

まずは短い時間で、自分を急き立てるためのタイマーを活用してやってみると、やっている間に徐々にやる気が出てきます。

 

5分でできる簡単なお片付けリスト

でも、5分でできるお片付けって何があるんだろう、と迷ってしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。

そんな方のために、5分でできそうなお片付けの例をいくつか挙げてみます。

・ボールペン、サインペンなどの仕分け

書けるかどうかをチェックして、書けないものは処分。

4色ボールペンなどで一部の色が書けない場合は、マスキングテープなどで“赤・青”など書ける色がわかるようにラベリングしておくのも良いと思います。

・カトラリーケースの中のいらない割り箸やストローを処分

カトラリー収納にコンビニでもらった割り箸やストロー、アイススプーンなどが紛れ込んでしまっているお宅も多いかと思います。

こちらも簡単に分けられるので、一旦全部取り出して、必要な数に絞って残りは処分するのがおすすめです。

保管すると決めたものは、透明ジッパーバッグ等に入れて分けておくとアウトドアの時などに使えます。

他にも、こんなお片付けの例もあります。

・履けない靴の処分(サイズアウト、かかと擦り切れ等)
・賞味期限が切れた調味料の処分
・使っていない古い化粧品サンプルの処分

短時間でやりやすいのは、“要る・要らない”が比較的簡単に分別できる、使えないモノの仕分け。

ご自宅でもそういったモノが眠っている場所がないか、探してみてくださいね。

 

5分で終わらない場合はどうしたらいい?

でも、やってみると5分のタイマー内で終わらない時があるかと思います。

そんな時は、もし気分がノッていてまだ続けられそうだったら続けてみましょう。 逆に、5分以内で終わってしまったらそこで終了にしても大丈夫です。

5分という時間に特別な意味があるわけではなく、“5分くらいならやれるかな”と、気持ちのハードルを下げることが大事です。

逆に5分でもやる気が出ない時は3分だけ、ともっと短くするのもアリだと思います。

どこまでハードルを下げたら自分が最初の一歩を踏み出せるかな、と考えてみて、やれそうなところからまずは始めてみましょう。

 

「千里の道も一歩から」という言葉もありますが、5分ずつでもお片付けを続けることで、小さな成功体験を積み重ねて段々自信もついてくるのではないかと思います。

もし、三日坊主になりそうと思われた方がいたら、スマホのスケジュールアプリなどに毎週末何時と決めて“お片付けタイム”と入れて通知するように設定しておくのも良いですよ。

ぜひ、自分のお片付けスイッチを押すためにいろいろ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

いつものメイクを格上げ!手持ちの「ブラウンパレット」活用テク4つ

今ドキ眉はこれ!やぼったい「残念眉」にならないための描き方

IKEA・ダイソー・無印良品!「持ってて損なし」の厳選アイテム3つ