GATTA(ガッタ) > Beauty > もう眠たそう…なんて言わせない!「目力美人」になるための3つの心得
beauty

もう眠たそう…なんて言わせない!「目力美人」になるための3つの心得

2018.03.12 20:00

いつも眠たそうだよね、と言われてしまうのには、目力不足が関係しているかもしれません。

目力を引き出すアイメイクをしてみても、どこか決まらない印象の時は、違うポイントに焦点を合わせてみませんか?

目力を引き出す効果的な解決テクニック3つをご紹介します。

 

1:太く長くハリコシあるまつ毛へ「マツ育」

みなさんは“マツ育”していますか? マツエクやまつ毛パーマなど、自まつ毛を生かした美容ジャンルの他、自まつ毛を育てる“マツ育”に注目が集まっています。

以前はまつ毛専用の美容液は有名なメーカーが数少なく、限られていましたが、最近では様々な企業がまつ毛美容液を販売しているんですよ。

そういう背景もあり、自まつ毛をより太く、長くハリコシあるまつ毛へ育てようという女性たちが増えています。

メイクをしてもどうしても目力が足りない……と悩んでいる方は自まつ毛が細かったり、短いことも影響しているかもしれません。そこで、まつ毛美容液などで、自まつ毛を育ててあげましょう。

自まつ毛がフサフサになることで、いつもと同じマスカラもより効果的になりますよ!

 

2:ロングorカール?自分に似合うマスカラを選ぼう

日々のマツ育でハリコシある自まつ毛に成長できたら、次に肝心なのがマスカラ選びです。ビューラーでしっかり上向きのカールをつけることも大事ですが、ビューラーでカールをつけない自然なまつ毛も人気ですよ。

カールの好みは人それぞれとして、どんなマスカラを塗るかもポイントになってきます。

マツ育で成長したまつ毛なら、少しのマスカラでも想像以上の華やかを演出できるでしょう。カールのよく効いた自まつ毛なら、ボリュームマスカラを使うことでよりお人形のようなパッチリ目力をゲットできます。

また、カールはつけずナチュラルな自まつ毛なら、ロングのマスカラで清楚な目力を。

その日のメイクや服装のスタンスに合わせて、自分に似合うマスカラを選んでみましょう。

 

3:いつも眠そう?物を集中して見るくせをつけよう

目力を出すにはメイク以外にも気をつけたいくせがあります。

筆者が以前受けたモデルのレッスンではまず“目”の使い方を習いました。いつも眠たそうな、目に力のないモデルは、日常的に物を流して見てしまっている悪いくせがついてしまっているとのこと。

例えば、テーブルの上に、コップ・花・ケーキの3つが置いてあった場合、ダラダラと左から順に眺めてしまうのではなく、一つ一つの物をしっかりと見るくせをつけるのが大事とのこと。

物を集中して見るというくせを日頃からつけておくことにより、見ようという意識が自然と目元に力を入れ、目力を生み出すことになります。

いつも眠たそうな目になってしまっている方は、物をよく見つめるくせをつけてみましょう。

 

ゴリゴリなバッチリメイクをすることで目力が生まれるわけではなく、小さな努力の積み重ねが大事なんですね。今日から始められることばかりなので、ぜひ試してみてください!

 

【関連記事】

※ 「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

※ 本当に使えるのはこれ!「ダイソー・無印良品」の収納グッズBEST3

※ IKEA・ダイソー・無印良品!「持ってて損なし」の厳選アイテム3つ