GATTA(ガッタ) > Bodymake > ツライ花粉症に!1分でできる「免疫力アップ」を目指すヨガポーズ【NattyYoga】
bodymake

ツライ花粉症に!1分でできる「免疫力アップ」を目指すヨガポーズ【NattyYoga】

2018.03.13 19:00

”アレルギー”というのは、身体に害がないものに対して免疫が過剰に反応することで起こるといわれています。

特に最近多くの人が悩んでいる”花粉症”は、“花粉”が原因となって起こるアレルギー症状。花粉を異物として身体の防衛機能が反応し、くしゃみや鼻水などを引き起こしているのです。

花粉症のようなアレルギー反応を軽減させるには免疫力を高めることが大事。

今回ヨガインストラクターの筆者がご紹介するのは身体を温めて免疫力アップにつなげる『プールヴォッターナ・アーサナ』です。

ご自身の体調に合わせて、チャレンジしてみてくださいね。

 

動画を見ながら…LET’S TRY !

ヨガは基本的に息を鼻から吸って鼻から吐きます。深い呼吸を意識しながら行ってください。

(1)まずは長座で座りましょう。両足は閉じて、足の甲を伸ばします。

(2)そこから両手をお尻の少し後ろにつき(手のひら1枚分くらい)、手の指先は身体の方に向けましょう。

(3)そこから息を吸って上体を持ち上げてお尻を高い位置に、そして胸を開きます。

(4)首を痛めていない方は吐く息で頭を後ろに倒しましょう。倒さなくても大丈夫です。

(5)そこで呼吸を繰り返します。(目安5呼吸)

(6)ゆっくりポーズをほどきます。

 

簡単バージョン

(1)両ひざを立てて座りましょう。足は腰幅程度に開きます。

(2)そこから両手をお尻の少し後ろにつき(手のひら1枚分くらい)、手の指先は身体の方に向けましょう。

(3)そこから息を吸って上体を持ち上げてお尻を高い位置に、そして胸を開きます。

(4)首を痛めていない方は吐く息で頭を後ろに倒しましょう。倒さなくても大丈夫です。

(5)そこで呼吸を繰り返します。(目安5呼吸)

(6)ゆっくりポーズをほどきます。

 

ポーズをとるときのコツ

・無理はせずにできる範囲で行いましょう。

・いつもより深く呼吸しましょう。

・首を痛めている方は頭を後ろに下げずに目線を正面のままでもかまいません。

・肩の真下に手がくるようにしましょう。

・耳と肩は収縮させずに、距離を保ちましょう。

・足裏でしっかり床を押しながら、お尻は高い位置で保ちます。

 

ヨガ的おすすめポイント

しっかり体幹を使い、代謝の向上、免疫力向上を目指します。日々の運動や睡眠、そして身体をなるべく冷やさないように過ごし、アレルギー反応を軽減させていきましょう。

 

続けることで身体も心も少しずつ変化が訪れるはず。とはいえ無理は禁物です。できる範囲で、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

※ 本当に使えるのはこれ!「ダイソー・無印良品」の収納グッズBEST3

※ IKEA・ダイソー・無印良品!「持ってて損なし」の厳選アイテム3つ

ヨガインストラクター
ヨガを始めて4年目に先生となってからインド、ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を学び、帰国してからフリーランスとして活動。
都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスン、オフィスヨガなど行っている。YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー、インストラクターを兼任。
他にも、コアトレーニング「美コア」のインストラクター兼、指導者養成講師、タイ古式マッサージセラピストとしても活動している。