GATTA(ガッタ) > Beauty > 仕事や家事…「オン」を頑張る私のスイッチの切り替え方
PR
beauty

仕事や家事…「オン」を頑張る私のスイッチの切り替え方

2018.04.17 17:00

仕事に、家事に毎日は目まぐるしく過ぎていきます。忙しさに身を任せていると、リラックスする時間をとることも忘れ、それが当たり前になってしまう。そんなときには、日常のルーティーンのなかにオンの時間・オフの時間を切り替える余裕を持つのが理想。

特にオフの時間に切り替えるときは、心と体を緩めてくれるお供になるものが欲しいと思いませんか? 敏感肌の筆者にとって一番ホッとする時間は、メイクを落とす時間。

メイクアップとともに自分のスイッチを「オン」にして、仕事や家事を頑張る。そうした「オン」から解き放たれ、気持ちを「オフ」にする。そんな時間に寄り添ってくれる優しいメイク落としをご紹介します。

 

仕事や家事のオンには、落ち着いて頭の中でTO DOリストを

家事は終わりを決めにくく、やろうと思えばどこまでもやりたくなるもの。そんな状況にならないように、まずは落ち着く時間を作り、頭のなかでTO DOリストに思いをめぐらせます。

バタバタした流れで仕事や家事に入るよりも、一杯のコーヒーで気持ちを落ち着かせることで、やるべきことが明確になり、効率も良くなるもの。

 

レッスン前は大事な時間、体と気持ちを整える

ヨガインストラクターという仕事柄、レッスンでは多くの人に接します。生徒さんに心地よい時間を過ごしてもらうため、まずはなによりも自分のモチベーションと精神を整えておくことがファーストプライオリティ。

早めにスタジオに入り、体を動かしながら少しずつ仕事モードの集中力をつくっていきます。

 

1日のオンモードを一気に解く時間

やっと1日が終わり、身も心もオフモードに切り替えるスイッチは、メイクを落とすとき。オンの象徴であるメイクが落ちて素顔になると、心も体も喜ぶのがわかります。

そんな大切な時間はお気に入りのものを使いたい。そんな気持ちで私が選ぶのは、新発売の『ダヴ センシティブマイルド ミルククレンジング』。マイルドでこっくりとしたミルクがメイクをやさしく溶かしながら、ゆっくりとオフモードに切り替わっていくのです。

 

敏感肌用でもしっかりメイクが落とせる優れもの

もともと敏感肌なので、肌に負担のかかるメイク落としを選ぶのはとても勇気がいります。肌へのやさしさを重視しすぎると、メイク落ちにしっくりこない思いをすることもあり、メイク落とし選びって難しいですよね。

新商品である『ダヴ センシティブマイルド ミルククレンジング』敏感肌や乾燥肌の方が特に気を使って選ぶポイントのひとつ、無添加(無着色・パラベンフリー)はもちろんのこと、アレルギーを引き起こしやすいとされる香料の使用を控え、マイルド香料を採用しています。カモミールエキスも保湿成分として配合。

また、濃密美容液(ヒドロキシエチルウレア、ナイアシンアミド、ステアリン酸、グリセリン水溶液:うるおい成分)も配合。肌の奥(角質層内)までうるおってくれる優れもの。

肌にやさしくなじませるだけで、毛穴の中のメイクもしっかり落とし、肌への負担も少なく、洗顔後の乾燥が気になる繊細な肌も、洗い上がりはしっとり仕上がります。

 

冬から春にかけての乾燥にも強い味方

冬から春に切り替わるこの時期は、乾燥が特に気になります。肌が荒れるだけで落ち込んでしまう……。いつも敏感肌と乾燥肌で悩まされる女性にとって、強い味方になってくれるはず。私のオフモード切り替えにも大切なお供になりました。

『ダヴ センシティブマイルド ミルククレンジング』は、オンラインショッピングサイトで限定販売。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

【参考】

敏感肌にも嬉しいダヴの新しいクレンジング

Sponsored by ユニリーバ・ジャパン株式会社
ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」