GATTA(ガッタ) > Leisure > 東京からたった3時間の「上海」!女子旅で行きたい観光スポット4つ
leisure

東京からたった3時間の「上海」!女子旅で行きたい観光スポット4つ

2018.03.11 20:30

東京から、約3時間前後で到着するという近さと、2016年には中国本土初のディズニーリゾートがオープンして以降、女子旅熱も急上昇している上海。

筆者は、2017年5月に静安寺(ジンアンスー)エリアにオープンしたホテル『The St. Regis Shanghai Jingan(セントレジス上海静安)』に滞在し、上海の伝統を感じながらラグジュアリーな世界を垣間見てきました。今回は、1泊2日ほどでも十分満足できるホテル滞在と、上海のラグジュアリーな観光スポットをご紹介します。

 

ホテル1Fで味わう、多国籍料理の朝食

朝食は1Fのオールデイダイニング 『Social』 にていただきました。店内では、中華料理とインターナショナルな料理を堪能できます。各コーナーのオープンキッチンにはシェフが控えていて、熱々のフードを楽しめるのも嬉しいですね。

筆者は、お野菜がたっぷり乗った麺をオーダー。あっさりした優しいお味でした。

テーブル数が多く、広々とした空間だからか、朝食ミーティングを行っていたビジネス客の姿も多く見受けられました。

 

耽美なチャイニーズオペラを鑑賞

中国と言えば伝統的な古典演劇である『京劇』が有名ですが、実は京劇よりはるかに歴史が古く、中国のオペラ(チャイニーズオペラ)と呼ばれているのが『崑劇(Kunqu)』。崑劇は、2001年に中国初の“ユネスコ世界無形文化遺産”に認定されています。

バスで複合型のモール『Sunny Walk Plaza(サニー ウォーク プラザ)』へ行き、昆劇の歴史や舞に触れる機会を得ました。

女性のみならず男性が裏声を使い、音楽に合わせて抑揚をつけつつ、歌いながらあでやかに舞う姿が印象的でした。

 

上海の人気アパレルブランドショップへ

おしゃれ好きな女性におすすめしたいのが、香港人デザイナーのデビッド・タンが創業し、1930年代の華やぎあふれる上海租界をイメージした人気ブランド『Shanghai Tang(上海灘/シャンハイタン)』の、上海にあるフラッグシップショップです。

チャイナテイストがモダンにアレンジされ、服、バッグなどの小物からインテリア、香水まで様々な商品を展開し、世界的な人気を博しているブランドですが、このショップは特に広く、品ぞろえも抜群!

パッと目を引く色彩とエレガントなライン、そして品質の高さは、アジアだけでなくヨーロッパでも高い人気を誇っています。

 

英国風×中国の伝統が融合した、豪華なインテリア

街歩きの合間に、ホテルの客室に戻ってゆっくり過ごすことも、気ままな旅の醍醐味ですよね。

客室は、実に開放感のある雰囲気。ゴージャスながらギラギラ感がなく、シックでゴージャスなインテリアにまとめられています。

高くそびえるビルの上層部、36F~68Fにあるので、部屋でくつろぎながら昼・夜と移り変わる上海の街を眺められます。

夜には、上海のシンボル的存在でもある『東方明珠電視塔 (上海タワー・Oriental Pearl Radio&TV Tower)』までくっきり見ることも。

 

みなさんもぜひ、気軽に訪れやすい上海で、伝統と革新を感じながら、街の活気も感じてみてくださいね。

 

【旅のinfo】

Shanghai Tang(上海灘)

The St. Regis Shanghai Jingan(セントレジス上海静安)

【関連記事】

※ 「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

※ 本当に使えるのはこれ!「ダイソー・無印良品」の収納グッズBEST3

※ 「了解しました」はどっち?マナー講師に聞くやりがちNG言葉づかい3つ