GATTA(ガッタ) > Bodymake > 老け見えの原因は後ろ姿?ヒップアップを目指す寝ながら1分ヨガポーズ
bodymake

老け見えの原因は後ろ姿?ヒップアップを目指す寝ながら1分ヨガポーズ

2018.03.06 19:00

「後ろ姿が気になりだしたのはいつ頃からだろう?」

見た目や鏡に映る自分の前側ばかりを意識して過ごしているのに、最近老けて見られると思っている人はいませんか?

年齢は後ろ姿に出ます。特にヒップラインは知らないうちに崩れていくもの。そこでヨガインストラクターである筆者が、今から始める緊急ヒップアップエクササイズをご紹介します。

 

お尻、使っていますか?

普段の生活の中で、お尻を意識していることはほとんどないでしょう。けれど、歩く時も立っている時も、お尻の筋肉は大切な働きをしています。

そのお尻の筋肉が弱くなってしまうと、タレ尻になるだけでなく、歩く時や立つ時など下半身に負担がかかってしまい、プロポーションを崩す原因の一つとなります。

 

お尻に力を入れるだけでも変化する

「お尻が垂れてきたな」「最近ぽっこりお腹が気になっている」と思う人は、立っている時や歩いている時に、軽くお尻全体に力を入れる習慣から始めてみましょう。

お尻に軽く力を入れると、骨盤の位置が床に対して真っ直ぐに整いやすくなります。すると安定感が出て、姿勢も伸びやすくなります。これだけでも見た目の雰囲気が変わり、若々しい印象に近づけることができるのです。

 

ヒップアップに「セツバンダ・サルワンガアーサナ」

(1)仰向けの姿勢で寝ます。

(2)腰幅に開いた足のひざを曲げ、かかとをお尻に近づけて下ろします。

(3)両腕は体の横に下ろします。

(4)息を吸いながら両足の裏で床を押し、お尻、腰、背中を持ち上げていきます。

喉とあごを近づけるように意識し、肩甲骨を寄せたら、背中の下で両手の指を組みましょう。

(5)両ひざの幅が開いていかないように注意しましょう。

(6)5呼吸キープしたら、両腕を解き背中、腰、お尻の順番で体を床におろしましょう。

(7)5~10回程度繰り返します。

 

ひざの幅が開いていくとお尻周りへの刺激が得られにくくなりますので、ひざと足の幅を腰幅に保っておきましょう。

太ももの内側のお肉に悩まされている人にも効果的なポーズです。お尻や0脚が気になり始めたら試してみましょう!

 

【関連記事】

※ 「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

※ 本当に使えるのはこれ!「ダイソー・無印良品」の収納グッズBEST3

※ 「了解しました」はどっち?マナー講師に聞くやりがちNG言葉づかい3つ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」