GATTA(ガッタ) > society > 入学式の服は何色がいい?意外と知らない「大人のマナー」3つ
society

入学式の服は何色がいい?意外と知らない「大人のマナー」3つ

2018.03.07 21:00

いつの間にか3月に入り、季節は春。春といえば、卒園式や卒業式、そして入学式の時期ですね!

今回は岩下宣子 監修『特別な日から日ごろのお付き合いまで 一生使える!大人のマナー大全』を参考に、これらの年度が切り替わる時期だからこそ知っておきたい豆知識やマナーをご紹介します。

 

卒業式の服装

子どもの卒園式や卒業式の服装で悩んだことはないですか? 実は卒業式と入学式では、ふさわしい服装が異なります。

卒業式は、ブラック、グレー、紺色など少し控えめな色のスーツで、膝丈のものを選ぶようにしましょう。パンツスーツもOKです。

小物はパールネックレスやコサージュなどをつけるとよいでしょう。

ストッキングはベージュでもブラックでも服装に合っていれば問題ありません。

 

入学式の服装

一方、入学式はベージュや薄ピンク、ホワイト、サックスブルーなど、パステルカラーの明るい色のスーツやツーピースを選ぶようにしましょう。

 

「お祝い」の贈り物

お祝いにつきものなのが、贈り物ですよね。これにも知っておきたいマナーが。

卒業祝いは次のステップへ進むものなので、盛大には行わないようにしましょう。家族での食事などでそれまでの努力を労うことが大切です。

甥や姪のような身内の卒業をお祝いする時の贈り物は、基本的に小物や現金を贈るとよいでしょう。

また、お祝いする相手が受験や就職に失敗してしまったときも、現金を贈るようにしましょう。

 

“暗黙の了解”とされがちなルールこそ、大人の女性のたしなみとして覚えておきたいですね。

 

【参考】

※ 岩下宣子 監修『特別な日から日ごろのお付き合いまで 一生使える!大人のマナー大全』(PHP研究所刊)

【画像】

※  TAGSTOCK1 / shutterstock

【関連記事】

※ 「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

※ 本当に使えるのはこれ!「ダイソー・無印良品」の収納グッズBEST3

※ 「了解しました」はどっち?マナー講師に聞くやりがちNG言葉づかい3つ