GATTA(ガッタ) > Beauty > 最旬トレンドはヘルシーな太眉!「失敗しない」お手入れ法をレクチャー
beauty

最旬トレンドはヘルシーな太眉!「失敗しない」お手入れ法をレクチャー

2018.03.03 20:00

眉のお手入れはどのようにしていますか? 実は、トレンド眉の傾向に合わせて整えると、毎日の眉メイクをより簡単にすることができるんです。

今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が今ドキ眉の整え方をご紹介します。

 

ナチュラル眉がトレンド

2018年のトレンドは、自眉の自然な流れを生かした太眉となる予想。整えすぎた細い眉は、トレンドからかけ離れてしまいます。だからといって、まったくお手入れをしないとメイクがやりにくく……。

整えるときに注意したいポイントは、自眉を生かしてナチュラルさを残しておくこと。眉のお手入れは切る部分、抜く部分とトレンドに合わせながら上手に分けて整えていきましょう。

それでは、今ドキ眉の整え方について解説していきます。

 

長すぎる眉は切りそろえる

眉コームを使って切り揃えていく整え方は、短くなりすぎてしまうこともあり今ドキ眉にはちょっぴり不向き。

スクリューブラシで眉の流れを整え、見たときに長く目立つ眉をハサミを使ってカットしていきます。今ドキに仕上げるためには自眉を生かすことが重要なので、他の眉より不自然に長く伸びてしまっている部分だけをカットするようにしましょう。

全体的に短くしすぎず、眉頭から眉尻まで毛流れが感じれる眉をつくるよう意識するのがおすすめですよ。

 

まぶたの上の目立つものだけ抜く

眉を整えていると瞼の上の毛が気になったという方も多いのではないでしょうか。

ナチュラルが今年のトレンドとはいえ、まぶたの毛を残しておくとアイシャドウなどのノリが悪くなってしまう原因となってしまう場合も。瞼の上の毛はピンセットを使って抜いておくことをおすすめします。

とはいえ、まぶたの上の産毛を抜いたとき痛くて思わず涙がでてしまったという経験がある人も多いのでは?

まぶたの皮膚はとても薄いため、いくら産毛のような毛でも痛みを感じてしまうことはしばしば。なるべく生え際をピンセットで挟み、生えている毛の流れにそって引っ張ると、少し痛みを感じにくくなりますよ。

 

ナチュラルがトレンドの今ドキ眉をつくるには、自眉の整え方がとても重要。特に今年のトレンドは作りこみすぎない、自然な眉毛の流れを生かしたヘルシーな太眉です。

整えることは大切ですが、カットのし過ぎや抜きすぎでナチュラルさを失わないように注意してくださいね。

 

【関連記事】

※ 「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

※ 本当に使えるのはこれ!「ダイソー・無印良品」の収納グッズBEST3

※ 「了解しました」はどっち?マナー講師に聞くやりがちNG言葉づかい3つ

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」