GATTA(ガッタ) > Beauty > あなたはどっち?最高のバスタイムに誘う「アロマ×音楽」2パターン
beauty

あなたはどっち?最高のバスタイムに誘う「アロマ×音楽」2パターン

2018.02.20 21:00
出典: pixabay

お風呂は身体を綺麗にするだけではなく、心もキレイにする場所です。

シャンプーやボディソープなどにこだわりを持つ女性の方は多いと思いますが、あともう一歩踏み込んで、アロマと音楽のコンビネーションでさらなるリラックスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回は、お風呂で楽しめる筆者おすすめのアロマの香りとアーティストの組み合わせをご紹介します。

 

1.ラベンダー×ナタリー・コール

特に仕事で緊張される事が多い方におすすめのアロマがラベンダーです!

リラックス効果が特に高い事で知られるラベンダーはアロマの定番ですよね。ラベンダーの香りには、女性の大敵である冷えや緊張をほぐす効果、イライラの解消にも定評があります。

心理的には感情のバランスを整えて心を落ち着かせてくれるともいわれています。

そんなリラックスしたムードにプラスしたいのが、ナタリー・コールさんの音楽。

特におすすめなのが、1991年にリリースされた『アンフォーゲッタブル (Unforgettable… with Love)』です。

父であるナット・キング・コールのカバーアルバムですが全米ポップチャートで5週1位という、ジャズ作品としては大ヒットしたアルバムなんですよ。

車のCMにも使われていたので聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。

 

2.オレンジ・スイート×アニューシュカ

明日に向かって元気が欲しいぞ!という時におすすめなのがこの組み合わせ。

柑橘系のアロマはリフレッシュや気分転換に効果があるとされており、特に定番のオレンジ・スイートが人気です。抗菌や抗ウイルスにも作用があるとされており1年を通じて人気のアロマとなっています。

その爽やかな香りで、リフレッシュや気持ちを前向きにする効果、食欲不振や血行不良にも効果があるとされています。

そんなオレンジ・スイートに組み合わせる音楽はこちらです。

アニューシュカは男女2人のユニットで、ダンスとソウルとを融合させた2014年発売のアルバム『Broken Circuit』は一躍大ヒットとなりました。

そのお洒落なサウンドは日本では特にアパレルやラジオで評判となり、店内BGMとして使用するとお客様からの問合せがよくあるそうです。メロディックな曲もあり、親しみやすいのも人気の秘密かもしれませんね。

 

また、なるべく浴槽に精油を入れるのは控えましょう。精油は文字通り油なので水に溶けません。

表面に浮いてしまい、直接肌に触れてしまうので敏感な方は皮膚がピリピリしてしまう可能性があります。アロマを楽しむ時はご注意下さいね。

あなたのお気に入りの組み合わせはなんですか? 紹介した組み合わせ以外にも、ぜひ自分の最高の癒やしの時間を演出する組み合わせを探してみてくださいね!

 

【関連記事】

賢くキレイに!お風呂のリラックスタイムを活用したスキンケアテク

※ その塗り方、間違ってるかも…「ハンドクリーム」の正しい使い方4STEP

※ 一歩間違えると逆効果!? 「下腹、太もも、お尻」部位別スクワットのコツ