GATTA(ガッタ) > Bodymake > お風呂タイムを活用してポッコリお腹を撃退しよう
bodymake

お風呂タイムを活用してポッコリお腹を撃退しよう

2017.03.21 14:00
https://www.shutterstock.com

適正体重だとしても、途端にオバサン体型に見えてしまうのが“ポッコリお腹”。気を抜くと下腹が出てしまっていませんか?

女性の骨盤は大切な臓器が多く、お腹周りは脂肪がつきやすい場所。ちょっと努力をしないとスタイルキープが難しい場所です。

そこで今回は、エステ講師の筆者がお風呂タイムを活用したポッコリお腹撃退法をご紹介。忙しいGATTA世代にぴったりの“ながら美容法”をご紹介します。

 

便秘解消マッサージもお風呂なら効果倍増!

便秘で下腹ポッコリは、女性によくある悩みのひとつ。原因はさまざまなものがありますが、腸のぜん動が弱くなっていることも考えられます。腸内フローラを整える食生活と同時に、腸の動きを促進させる“腸マッサージ”も有効です。

入浴中、温まった状態で行えば効果UP! 腸も動きやすくなります。

肋骨の下と腸骨を結んだお腹のひし形に沿って、時計回りにゆっくり円を描きましょう。リラックスした状態だと腸はよく動くので、早すぎないペースがおススメです。ポイントは、腸骨の上を少し強めに押し流すこと。

痩身エステでも行うのですが、施術中に腸が動いてお手洗いに向かう人もいるほどです。

 

脂肪は摘まむ!揉む!流す!

ついてしまった下腹の脂肪は、揉んで潰して流してしまいましょう!

©GATTA

©GATTA

まず、気になる下腹のお肉をぐっと掴んでみてください。脂肪だけでなくその下の筋肉も刺激するつもりで掴むと効果的です。

しっかり掴んだら、少しずつ場所を変え、掴む、はなすを繰り返します。ちょっと痛いですが、老廃物や水分などいろいろなものが絡んだ脂肪を体から剥がすようなイメージで頑張って! 体をひねって、体の側面、脇腹側もしっかり掴みましょう。

白色脂肪がついた場所は冷たくなってします。刺激をして温まった感じがしたらOKです。

 

老廃物をスッキリ!脇腹がポイント

最後はお肉を集めます。背中側からお肉をかき集めながら、ウエストを通って腸骨の上に入れ込みましょう。

©GATTA

©GATTA

ぽっこりお腹だけでなく、くびれづくりにも有効です。

 

いかがでしたか? ぽっこりついてしまった脂肪は摘まむ、揉む、流すがポイント。脂肪がつきにくいように、筋トレやエクササイズも取り入れて、ぺたんこお腹を目指してくださいね。

【画像】

※ ESB Professional / shutterstock

国際中医薬膳師

大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。

漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士

From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」