GATTA(ガッタ) > society > 家事分担はするべき?データから見る「夫婦円満」の秘訣とは
society

家事分担はするべき?データから見る「夫婦円満」の秘訣とは

2018.02.12 19:00

日本でも共働き世帯が一般的になった現代。あなたはパートナーと家事の分担をしていますか? リンナイ株式会社が行った『「共働き」に関する意識調査』によると、家事を分担している人ほどパートナーを“好き”だということがわかったそう。

 

家事分担が最も多い国アメリカ

出典:http://www.rinnai.co.jp/

共働き夫婦の家事分担の実態を調べたところ、世界5カ国の約80%が“夫婦で家事を分担している”ことがわかりました。

また、各国別で結果をみると、家事を分担している人が最も多い国は『アメリカ』となり、家事を分担していない人が最も多い国は『日本』であることが明らかになりました。

 

家事を楽しむことが重要?

出典:http://www.rinnai.co.jp/

家事をすることが好きかを調査し、各国男女別で結果を見たところ、『アメリカ』は9割の男性が家事好きであることがわかりました。また、『韓国』、『アメリカ』、『ドイツ』は女性より男性の方が家事好きなことも明らかになりました。

出典:http://www.rinnai.co.jp/

また、家事の分担別で結果を見たところ、『日本』以外の4カ国は、分担をしている人の方が家事を好きと答える人の割合が多いことがわかりました。

アメリカの映画でよく見る日曜大工や家の修理なども家事の一部だと考えられていることもありますが、好きだからこそ楽しむことができているのかもしれません。

 

家事分担している夫婦ほどパートナーが好き

出典:http://www.rinnai.co.jp/

パートナーのことを好きかを調査し、家事を分担している人としていない人で各国別に結果を見たところ、5カ国すべての国で“家事を分担している夫婦”の方が、パートナーのことを好きと答える人の割合が多いことがわかりました。

 

家事分担が進んでいるアメリカでは機能性の高い家電を使うなどして家電を上手に取り入れているようです。

“家事がストレスに感じるくらいなら家電に任せよう”という姿勢を夫婦で共有することが円満の秘訣かもしれません。

 

【画像】

※  baranq / shutterstock

【参考】

リンナイ株式会社

【関連記事】

なんでわかってくれないの?旦那さんが子育てに協力してくれないワケ

※ 自信があるのはわずか7%…数字からみる女性の現状と本当の美しさとは(PR)