GATTA(ガッタ) > Bodymake > 体が硬くても大丈夫!お疲れ体をリフレッシュする簡単ストレッチ【NattyYoga】
bodymake

体が硬くても大丈夫!お疲れ体をリフレッシュする簡単ストレッチ【NattyYoga】

2018.02.11 20:00

“ヨガ”と聞くと、前屈か開脚のどちらかをパッとイメージする方が多いのではないでしょうか。身体が硬いことがお悩みの方は、なかなかどちらも苦手だからとやる前に諦めてしまう気がします。

今回ヨガインストラクターの筆者が動画とともにご紹介するのは、身体が硬い方でもチャレンジしやすい、立位前屈のポーズ“ウッターナ・アーサナ”。

この立位前屈のポーズは背骨と太ももの裏側、身体の背面が充分にストレッチされ、柔軟性アップし代謝向上が期待できます。また、腹部へ刺激を与えるため、内臓機能の活性化や婦人科系の不調を持つ人にもオススメなポーズです。

完璧なポーズを目指す必要はないので、自分の身体の調子に合わせて負荷を調整しながら行ってくださいね。

 

動画を見ながら…LET’S TRY !

ヨガは基本的に息を鼻から吸って鼻から吐きます。深い呼吸を意識しながら行ってください。

(1)両足を閉じて立ちましょう。(バランスがとりにくい場合は腰幅程度に開いていただいてもかまいません。)

(2)骨盤を立て、背骨を伸ばし、息を吸いながら両手を上げ、吐きながら前に身体を倒していきましょう。

(3)両手が床につく方は、そのまま呼吸を繰り返しましょう。両手が床に付かないという方は、両ひざを曲げて両手を床につけましょう。

(4)両手を床についたまま、片足ずつゆっくりひざの曲げ伸ばしを行ってみましょう。充分ストレッチが感じられるはず。

(5)そのまま前屈の状態で両ひじをつかみ上体を左右にゆっくり揺らすと頭首肩周りの力が抜けやすいです。

(6)自分のタイミングでゆっくり背骨を積み上げるように身体を起こしてポーズを解放していきましょう。

 

ポーズをとるときのコツ

・無理はせずにできる範囲で行いましょう。

・あごを軽くひき、首の後ろをリラックスさせましょう。

・肩に力が入らないように耳と肩の距離をはなしましょう。

・座骨を天井に向けるように意識してみましょう。

 

頭を逆転させることによっての精神面へのアプローチも同時にできるといわれています。脳を休めたい時、心を穏やかに保ちたいという時にもぜひ行ってみてください。

続けることで身体も心も少しずつ変化が訪れるはず。とはいえ無理は禁物! 

できる範囲でぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

※ 仕事の合間1分でOK!「ガチガチ肩こり」に悩む人におすすめのツボ4選

※ 10回でぽかぽか!冷えに悩む女子におすすめ簡単エクササイズ

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。