GATTA(ガッタ) > Beauty > マスカラだけで十分!自然なのに「目が大きく見える」メイクのコツ3つ
beauty

マスカラだけで十分!自然なのに「目が大きく見える」メイクのコツ3つ

2018.02.06 21:00

最近は目を大きく見せたり目元を印象的にしてくれるツールとして、つけまつげやエクステに頼ってしまっている方も多いですよね。けれど、自まつげとマスカラだけでも印象的な目元をつくることは可能なんですよ。

今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が“マスカラの使い方のコツ”についてご紹介していきます。

 

マスカラもベースは必須

出典:https://gatta-media.com

ボリュームアップしたい、長く見せたいなど、なりたいまつげのタイプは様々であっても、基本となるマスカラベースは必須アイテム。

ナチュラルかつボヤっとした目元にしないためには、マスカラはまつげに沿う形で使用し、中央、目頭、目尻の順につけていくことが大切です。

出典:https://gatta-media.com

まず、根本から毛先へと左右に動かしながらつけていきましょう。ダマになってしまったり、余分についてしまった時はコームでとかしておくと、このあとマスカラをつけてもナチュラルな仕上がりになりますよ。

 

いよいよマスカラを塗っていきます

まずはまつげのカーブに沿ってマスカラのブラシをまつげの根本に当てます。このときも中央、目頭、目尻という順に根本から毛先にかけて左右に小刻みに動かしながらつけていきます。

このつけ方がダマにならずにナチュラルな仕上がりになるポイントなのでしっかりおさえておきましょう。

出典:https://gatta-media.com

さらに目を大きく見せるために、目尻にもうひと手間加えていきます。

黒目の中心あたりから目尻にかけて斜めにマスカラのブラシを滑らせていきます。これは目の幅を少しでも大きく見せるためのテクニックとしてとても有効なのでおすすめですよ。

 

下まつげは縦が基本

出典:https://gatta-media.com

“マスカラは上まつげしかつけない”という方はかなり損をしていますよ。印象的な目元にやデカ目を意識するなら下まつげはとても重要です。

下まつげにマスカラをつけるときはブラシの先端を使用していきますが、マスカラブラシの先端は意外とたっぷりマスカラがついていることが多いです。そこでティッシュで多くつきすぎているマスカラを少し取り除きましょう。

ティッシュオフしたブラシを縦にしてブラシの先端を使って根本から毛先にかけて滑らせながらつけていきます。こちらもダマになった部分はコームでとかしてナチュラルな仕上がりにしましょう。

 

あくまでナチュラルに、そして印象的な目元を演出するなら自まつげとマスカラでつくる組み合わせメイクがマスト。マスカラを上手に使うだけで印象的な目元やデカ目を作ることは可能ですよ。

トレンドは進化したナチュラル。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

アイメイクの記事をもっと見る

※ 短すぎる眉が原因だった!? 「顔を大きく見せる」NGメイクと正解テク

※ いつものメイクを格上げ!手持ちの「ブラウンパレット」活用テク4つ

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」