GATTA(ガッタ) > Beauty > たったの5分!「カサカサ」唇から「ぷるるん」リップにする方法
beauty

たったの5分!「カサカサ」唇から「ぷるるん」リップにする方法

2018.02.01 20:30

寒い日が続いていますね。この季節に気になるのがやはり乾燥、特にカサカサの唇に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。リップのノリも悪くなって、気分も上がりませんよね。

そこで、GATTAで過去にご紹介した記事から、冬に気を付けたい“唇の乾燥を招く悪習慣と保湿ケア方法”をチェックして、ぷるるんリップを目指しましょう。

 

乾燥に繋がるNG習慣

「マメにケアをしているつもりなのになかなか改善しない……」というあなた! もしかしたら普段何気なくやっていることに原因があるのかもしれません。改善したいNG習慣を3つご紹介します。

(1)唇をペロッと舐めてしまう

“唇を舐める”という悪習慣は、無意識についついしてしまっている人が多いようです……。舐めることで唇に刺激を与えてしまったり、必要な油分を奪うことになってしまうので注意しましょう。

唇を舐めることが癖になってしまっている人は、リップクリームを塗るようにして、悪い習慣とはサヨナラするのがベスト! 特に乾燥しやすい冬は、さらにカサカサするので気をつけましょう。

(2)リップクリームをゴリゴリ塗りつけすぎ

乾燥対策に使っているリップクリームも、間違った塗り方をしていると唇に刺激を与えてしまい、かえって乾燥を誘発することも。

中でも、リップクリームを左右に何往復もしてゴリゴリ塗っているなんてもってのほか! デリケートなパーツである唇にNGな行為です。リップクリームを塗る時は、優しく塗りましょう。

(3)ぽかんと空いた口で口呼吸

“口呼吸”をしすぎな人も、唇が乾燥しやすい傾向にあります。ぽかんと半口を開けて口で呼吸する悪習慣がついている人は、意識して鼻呼吸に改めましょう。

しかし、風邪気味で鼻がつまっていたりするとどうしても口呼吸になってしまいますよね。そんな時に活躍するのが“マスク”です。口呼吸になってしまう時には、マスクをつけることで唇を乾燥から守りしょう。

また、寝る時などにも口呼吸になりがちな人は、マスクをつけて寝ると、より効果が期待できるでしょう。

 

美容家も実践の保湿ケア

では、保湿ケアはどんなことに気を付ければよいのでしょうか? 美容のプロも実践しているポイントを見てみましょう。

(1)カサつく前にこまめな保湿

唇が“カサカサして乾燥している”、“割れてしまっている”なんていうことになる前に、リップでこまめに保湿することが大切です。

唇は皮膚が薄くデリケートなため乾燥しやすいパーツ。リップクリームは常に携帯することを心がけましょう。

また、保湿だけでなくUVケアも意識して。UVカット効果のあるリップクリームなど高機能なアイテムもあるので、まだ使っていないなら取り入れてみては?

(2)リップは縦塗りしよう

繰り返しになりますが、唇はとっても皮膚が薄くデリケート。リップクリームを強くこすりつけて塗るのは避けましょう。

優しく唇の上を滑らせるようにつけるのがコツです。さらに上級者テクとして、唇の縦ジワに沿ってリップを塗るのもおすすめ。これなら塗り残しなく保湿がしっかりと行えます。まずは横塗りで全体に塗ってから、次に縦ジワに沿って重ね塗りをしてもOKです。

(3)定期的なパックもおすすめ

出典:https://gatta-media.com

最近は唇専用のパックも販売されているので、ぷるんとした潤いある唇を目指すなら定期的なケアは欠かせないところ。

もちろんわざわざパックを買わなくても、自宅にあるものでできるセルフ唇パックでもOKですよ。

やり方は簡単! しっかりクレンジングをした後、唇にリップクリームをいつもよりたっぷりめに優しく塗っておきましょう。なるべく保湿効果の高いリップクリームを使うとさらにぷるんとした唇に近づけるはず。リップクリーム以外ならワセリンもおすすめ。そのうえからラップをのせて5分くらい待つだけのお手軽パックです。

 

唇は女性らしさを感じさせる重要なパーツ。いつもぷるんとした唇でいることで、あなたの魅力もグンっとアップするに違いありません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【画像】

※ puhhha / shutterstock

【参考】

※ ついついやりがち!唇が乾燥しやすいNG習慣3つ

※ いつでもぷるん!プロが普段やっている唇ケアとは

【関連記事】

※ 保湿やデトックスも!バスタイムでキレイを育むための3つの方法とは

※ もう毛穴なんて気にしない!ゲランの優秀ファンデが限定デザインで登場