GATTA(ガッタ) > society > 大切なのは肯定すること。人生を豊かにする魔法のほめ言葉とは
society

大切なのは肯定すること。人生を豊かにする魔法のほめ言葉とは

2018.01.29 22:30

「私はほめられて育つタイプだ」という人は多いと思います。

おそらくほとんどの人が、怒られるよりほめられることのほうがうれしいと感じるでしょう。

そこで今回は、原邦雄 著『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』を参考に、相手の心に届くほめ言葉とは、どういったものなのかご紹介します。

 

心に届くほめ言葉とは

著者の原氏は、これまで全国各地、ときには世界を飛び回って、50万人以上に“ほめ言葉の大切さ”を伝えてきました。

そのなかで、ほめ言葉で人生が変わることを何度も体験されたそうです。

もちろん、ただほめればいいというものではありません。いかに相手の心に届けるかが大切です。

たとえば、子どもがテストで100点を取ったとしましょう。

「100点を取って、えらいね」

こんなほめ言葉をかけたことはありませんか。これはよくないほめ言葉の典型です。

ではどういう言葉で伝えればいいのでしょうか。たとえば、

「あのとき、見たいテレビをガマンできたからだね」

「いつもより早起きして、お勉強していたよね」

こんなほめ言葉なら、子どもの心にしっかり届きます。

 

ほめるということは、相手の人間性を肯定すること

ほめ言葉をかけるときは、相手ががんばったときのシーンを「あのときのことだ!」とわかるくらい具体的に伝えてあげましょう。

大切なのは、“結果”をほめるのではなく、“行動”や“努力”、そして“人間性”をほめるということです。

人生は小さながんばり、小さな決断のつみ重ねでできています。素晴らしいのは“100点を取った”ことよりもむしろ、“100点を取るための行動や決断”にあるんですね。

これは、大人も子どもも関係なく、きちんとほめてあげなければいけません。

どんな人でも人間性をほめられたらうれしくなります。

それは、外見や成績をといった表面的なことではなく、ひたぬきな誠実さ、努力する姿勢といった、その人の本質を肯定することだからです。

 

相手の人生をも変えてしまう“ほめ言葉”。もし最近、ほめることができていない人は、まわりの人の小さな努力に気がつけていないかもしれません。

また、ほめ言葉はそれを言う人の人生も豊かにします。まずは、“1日1ほめ”から始めましょう!

 

【参考】

※ 原邦雄 著『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』

【画像】

※ Lopolo / shutterstock

【関連記事】

※ できているようで、実はできていない。「ありがとう」を伝える大切さ

※ 働く女子は心得たい!苦手な人とうまく付き合うための思考術