GATTA(ガッタ) > Bodymake > ただ細いだけじゃない!魅力的な鎖骨ラインを作る簡単エクササイズ
bodymake

ただ細いだけじゃない!魅力的な鎖骨ラインを作る簡単エクササイズ

2018.01.27 20:30

太ってないのに、着膨れしたり、ぽっちゃりして見える。華奢に見えないその原因は、肩から鎖骨のラインに不必要な丸みがあるからかもしれません。

巻き肩やすくみ肩は肩から腕まわりに余分な肉がつき、ぽっちゃりした印象を作ります。

そこで今回はヨガインストラクターである筆者が、痩せてるのに痩せて見えない人へ、“華奢に見える鎖骨ラインを作る方法”をご紹介します。

 

肩から二の腕の丸みで着膨れする

長時間のパソコン仕事や、猫背の姿勢が定着すると、肩が体の前面に入り込んで、巻き肩を作ります。すると、肩から二の腕の周りの動きが鈍くなるので、余計なお肉がつきやすく、それに加えて落ちにくくなってしまいます。

 

肩甲骨を背中に収めるイメージだけでも変わる

巻き肩や、首がすくんで肩が上がった姿勢でいると、見た目にも老けた印象に。肩と腕の付け根から、腕全体を背中側へ回転させ、肩甲骨同士を寄せるようにすると、胸が引き上がります。

これだけでも姿勢がシャキッとし、印象を変えることが可能。肩甲骨が、背中の納まるべき場所へ収まって、肩や首回りの張りもスッキリとしてきます。

 

鎖骨は埋まっていませんか?

まずは、鎖骨をチェックしてみましょう。肩甲骨や肩の位置が、収まるべき場所へ収まっていれば、鎖骨は真っ直ぐか、やや片側が引き上がったラインになっているはず。

これがアルファベットの「v」の字になっていたり、肩周りの張りや凝りのせいで埋まっていたら、姿勢の悪くなっている可能性があります。

 

鎖骨のラインを取り戻す

美しく浮き出た鎖骨は、それだけで華奢に見えます。簡単な方法ですので、コツコツと試してみてくださいね。

(1)正座の状態で座るか、背もたれのない椅子に腰掛けます。

(2)両腕を背中側へ回して、両手を組みます。

(3)息を吐きながら、両腕を床側へ引っぱります。

(4)両肩を外旋させ、鎖骨を下に下げ、胸を突き出すようにしましょう。

出典:https://gatta-media.com

出典:https://gatta-media.com

(5)ゆっくり深い呼吸をしながら、10秒程度キープします。

(6)10秒を1セットとし、3回行います。

普段の生活の中でも、猫背が気になった時に、肩甲骨を背中の真ん中へ引き寄せるようなイメージで両肩を外旋させるようにするのも効果が期待できます。できれば毎日行ってみてください。

 

首から肩のラインは、太っているか痩せて見えるかに、大きく差が出る場所。美しい姿勢を維持するのにも大切なことなので、習慣にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 女性の憧れ!ペタンコ&くびれを叶える「ヘリコプターエクササイズ」

※ ほんとは続けたいんだけど…ヨガを習慣化できない人の原因4つ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」