GATTA(ガッタ) > Beauty > 王道保湿ケアアイテムの応用編!「ニベア&ヴァセリン」の活用術3選
beauty

王道保湿ケアアイテムの応用編!「ニベア&ヴァセリン」の活用術3選

2018.01.25 20:00
出典:https://gatta-media.com/

寒さをしのぐために、室内でも暖房をつけていると、乾燥が気になりますよね。メイクをするとき、この乾燥が様々なトラブルに繋がることも多いでしょう。

冬はメイクを保つのが難しい季節。いつも以上に、日々のケアの差があらわれやすいのです。今回は王道の保湿ケアコスメとして人気の高いアイテム2つを使って、どんな乾燥対策ができるか考えてみましょう。

 

1:ファンデーションに混ぜて女優肌

暖房のガンガン効いている室内では、ファンデーションを塗った肌が次第に乾燥でパリパリになってしまうこともありますよね。寒さの厳しい冬に、暖房は欠かせないのですが、メイクにも大きな影響を与えます。

乾燥しがちなこの時期のベースメイクには、王道の保湿アイテムである青缶の『ニベア』がおすすめ。いつも使っているリキッドファンデーションに、3:1ぐらいの割合で、少量の『ニベア』を混ぜて使いましょう。

すると、ファンデーションを塗った肌がツヤ感のある、女優肌のような仕上がりに! 化粧崩れ対策で、フィニッシュパウダーをはたくとよりもちが良くなりますよ。

 

2:爪に塗って乾燥しがちなネイルをケア

その高い保湿力が評価され、長い間多くの女性に愛用されてきた『ニベア』。実は、ネイルケアにも活用できるんです。

肌だけではなく、爪の乾燥も要注意。放置していると爪が割れやすくなってしまうトラブルのにもつながります。そこで、いつものネイルケアに『ニベア』を活用してみましょう。

爪の根元に軽く『ニベア』をつけ、揉み込むようにマッサージしながら塗り広げてください。指先の乾燥対策にも大活躍です。

 

3:クリームアイシャドウでうるうるアイメイク

また、王道保湿ケアアイテムとして名高い人気を誇る『ヴァセリン』も、乾燥対策にはもってこいのアイテムです。なかでも、パウダー状のアイシャドウを、“クリームアイシャドウ”の質感へDIYできると、SNSでもたくさんの人がアレンジ術を紹介しています。

筆者オススメの塗り方は、薬指で軽く『ヴァセリン』をとり、まぶたにトントンと優しく叩くように塗ります。このときに、『ヴァセリン』がデコボコしないように、表面を整えることを意識してください。

その上から、お気に入りのアイシャドウを人差し指にとり、同じように、優しく叩くようなイメージで塗れば完成です。

うるうるとしたツヤ感のある目元がセクシーな雰囲気に仕上がるでしょう。

 

保湿ケアコスメとして長い間、多くの人たちから愛され続けているアイテムですが、その活用方法も幅広いです。肌の乾燥対策だけではなく、様々な方法で活用して、厳しい冬を乗り切りましょう!

 

【関連記事】

※ 保湿だけじゃダメ!? 冬の乾燥肌には「ミルククレンジング」を使って(PR)

※ 知らなきゃ損!忙しくても最低限おさえるべき保湿ケア2つ