GATTA(ガッタ) > Bodymake > 美人は身体を冷やさない! 代謝を上げる豆乳カレースープ【サクッと薬膳簡単レシピVol.41】
bodymake

美人は身体を冷やさない! 代謝を上げる豆乳カレースープ【サクッと薬膳簡単レシピVol.41】

2018.01.23 22:30

まだまだ寒い日が続く冬、1日元気に過ごすためにも、朝食に温かいものを食べて元気に過ごしたいですね。せっかくなら、温かい+カラダを温める効果があるものを食べてみてはいかがでしょう。

今回は、簡単にできて温活効果が高い、豆乳カレースープをご紹介します。

 

豆乳カレースープ

出典:https://gatta-media.com

●材料(2人分)

・鶏肉 100g

・かぼちゃ 100g

・玉ねぎ 1/2個

・しめじ 適量

・カレー粉(または市販のルー) 小1~

・コンソメ  キューブ2個

・豆乳 200ml

・水 400ml

 

●作り方

(1)鶏肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎは薄切りに、しめじはいしづきをとってほぐしておく。かぼちゃは電子レンジで温め、ひと口大に切っておく。

(2)鶏肉を炒め、色が変わったら玉ねぎを加えて、水とコンソメ、かぼちゃ、しめじを加えてやわらかくなるまで煮る。

(3)カレー粉、豆乳を入れて混ぜ、沸騰させないように温めたら出来上がり。

 

薬膳ポイント:スパイス

スパイスにはさまざまな種類がありますが、共通して巡りをよくする働きがあり、体を温める効果があります。

カレー粉は何種類ものスパイスが入っていて、温活にぴったりの食材。また、ネギ系の野菜は温性の効能を持つ、冬に食べたい食材のひとつです。

今回は、体を潤す豆乳、皮膚を健やかに保つかぼちゃと合わせた美温活レシピにしてみました。

 

「美人は温かい」といわれるほど、美容に気を遣う人はカラダを温めることを大切にしています。食材の力も借りて、寒い冬もぽかぽか美人を目指したいですね。

 

【関連記事】

※ 運動が苦手な人にも!痩せたい願望をかなえる体幹エクササイズVOL.2 美姿勢編

※ 「背中、二の腕」のたるみに!頑張りすぎない体幹エクササイズ

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」