GATTA(ガッタ) > Bodymake > 仕事疲れに。どこでもできる骨盤整えエクササイズ
bodymake

仕事疲れに。どこでもできる骨盤整えエクササイズ

2017.03.21 14:30
https://www.shutterstock.com

仕事中に座りっぱなしや立ちっぱなしの姿勢が続くと、腰まわりが固まって辛いことがあります。同じ姿勢でいるのはしんどいので、ついつい足を組んでしまったり片足に重心を乗せたりして姿勢を悪くしてしまいますよね。

長時間同じ姿勢でいることは、体にかなりの負担がかかります。さらに疲れてくるときに崩す姿勢が悪いと、歪みの原因にもなってしまうのです。

そこで全国でレッスンを行うヨガインストラクターの筆者が、仕事の疲れを取りながら歪み予防もできる簡単エクササイズをご紹介します。

 

まずは固まった背骨と骨盤をほぐそう

同じ姿勢を続けていると、首から背中そして腰が張って固まります。そんなときはまず背骨を動かして背骨周りの筋肉をほぐし、骨盤が楽に立つ“正しい骨盤の位置”にセットし直す準備をしましょう。

 

前傾・後傾した骨盤を戻す

(1)両足を軽く揃えて椅子に座ります。

(2)頭を上半身の上に自然と乗せられる位置を探します。約5キロある頭も重みを感じなくなる、しっくりくる位置があるはずです。

(3)首と肩をすくませないようにして、力まずリラックスした状態で姿勢を整えます。

(4)息を吐きながら骨盤を後ろに倒すように意識して腰から背中全体を丸めます。後背部全体を後ろに引っ張り、ストレッチするつもりで伸ばしていきましょう。

(5)息を吸いながら腰から背中を反らしていき、骨盤を前に倒していきます。頭から体全体を持ち上げるようにして背骨を反ると、負担なく反らせます。

(6)丸めたり反らしたりする一連の動作を、体がスッキリするまで続けましょう。

 

左右の骨盤の歪みを整える「骨盤揺らし」

次に、骨盤を安定させる脇腹の張りやこりをほぐし、骨盤の左右の傾きを整えましょう。

(1)先ほどのエクササイズと同様に、力みのないリラックスした状態で姿勢を整えます。

(2)左の脇腹を縮めるようにして、左骨盤を持ち上げます。左の骨盤と脇腹を引き寄せるようなイメージです。

(3)次は逆側の右側も同じやり方で引き上げます。

(4)左右に骨盤をリズミカルに揺らしていきましょう。30秒ほど続けます。

 

どちらのエクササイズもできれば一緒に行ってください。背骨の歪みを整え、骨盤を安定させます。実はこれウエストシェイプの効果もあるうれしいエクササイズです。

疲れたとき座りながらできるので、できればお昼時と夕方の2回。仕事中のリフレッシュとして取り入れてみてくださいね。

【画像】

※ fizkes / shutterstock

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」