GATTA(ガッタ) > Bodymake > 座ったまま3分!デスクワークの悩み「肩こり」に試したいヨガ【NattyYoga】
bodymake

座ったまま3分!デスクワークの悩み「肩こり」に試したいヨガ【NattyYoga】

2018.01.19 23:00

肩こりって永遠の悩みだと思っている方が多いのではないでしょうか?毎日我慢しているうちに、肩こりが原因でよく頭痛になっている、という方のお悩みをよく伺います。

頭痛までいかなくても、肩が凝ってるだけで気分もなんだか憂鬱に……。

もちろん、すぐに改善することは難しいです。日常生活、特に姿勢から気をつけないと、根本的な解決には繋がりませんが、「少しでもこの肩こりを和らげたい!」というお悩みならお役に立てるかと思います。

ヨガインストラクターの筆者が今回はお仕事中でもできる、椅子に座って肩こり解消に繋げるポーズを動画とともにご紹介いたします。

ご自身の体調に合わせて行ってみてくださいね。

 

動画を見ながら…LET’S TRY !

ヨガは基本的に鼻呼吸です。いつもより深い呼吸を意識して行ってみてくださいね。

(1)まずは椅子に浅めに腰をかけて、ひざを閉じましょう。

(2)骨盤を立てて、背骨を伸ばし、両手を身体の前でクロスします。

(3)そこからひじを曲げてクロスさせ、手の甲も絡めます。(厳しければ手の甲を合わせます)

(4)息を吸いながらひじを真上にあげて、吐きながら前腕を前に倒し、上体も前に倒していきましょう。

(5)肩甲骨が開き、気持ちいい位置で呼吸を繰り返していきましょう。(目安5呼吸)

(6)ゆっくりとポーズをほどき、反対も同様に行います。

 

ポーズをとるときのコツ

・無理はせずにできる範囲で行いましょう。

・肩や首回りは力を抜いて肩甲骨の開きを感じながら行いましょう。

・耳と肩はすくまないように、離した状態で行いましょう。

・余裕があれば手の指先をより遠くに伸ばすと、更に背面の伸びを感じられます。

 

ヨガ的オススメポイント

肩や肩甲骨周りをほぐして血行促進、肩こりだけでなく、二の腕を引き締めたいという方にもオススメのポーズです!

マットの上で行える方は、あぐらや正座で座った状態で行っていただいてもいいです。余裕がある方は、この手のポーズに足を加えた“鷲のポーズ“を以前に紹介しています。

>>過去記事はこちら ヨガの基本を動画で解説「鷲のポーズ」のやり方【NattyYoga】


こちらも合わせてチャレンジしてみてください。

 

続けることで身体も心も少しずつ変化が訪れるはず。とはいえ無理は禁物です。

できる範囲で、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

モデル・三井麻央の一日に密着!スタイルキープの秘訣に迫る【トレーニング編】

猫背は太る原因に?丸まった背中をリセットする「美姿勢ポーズ」

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。