GATTA(ガッタ) > Beauty > 高度なテクはいりません! 手持ちのコスメでできる小顔メイクのコツ3選
beauty

高度なテクはいりません! 手持ちのコスメでできる小顔メイクのコツ3選

2018.01.15 23:00

最近は小顔を意識している女性がほとんど。そうは言っても、「骨格も人によって様々だし簡単に小顔になんてなれない!」と諦めるのはまだ早いですよ。

実はメイクによって小顔に見せることは可能。さらにプロのメイクさんのように色々なメイクアイテムを揃えたり難しいテクニックを使ったりしなくてもできる方法があるんです。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が手持ちのコスメでできる小顔メイクについて解説していきますね。

 

ローライトでキュッと引き締める

出典:https://gatta-media.com

小顔といえばフェイスラインの引き締め! 加齢によりフェイスラインのたるみが気になる、という悩みも多く聞かれます。

そんな時に使えるアイテムがローライトのフェイスパウダー。お持ちでない方はアイブロウなどで薄めのカラーを代用してもいいかも。

さらに進化したローライトテクニックをお伝えします! ローライトをフェイスラインではなく、フェイスラインより少し裏側に入れるのがナチュラルに小顔を作るというものです。大人女性が避けたい、“残念ないかにもメイク”にならずに小顔効果が期待できますよ。

 

ハイライトは点置きがマスト

出典:https://gatta-media.com

ツヤ肌メイクといえばハイライト。光を集めて透明感をUPさせる効果がありますが、のせ方によっては膨張させてしまう場合もあるアイテムですよね。

基本はTゾーンや目の周りのCゾーンなどにハイライトをのせるとされていますが、小顔メイクの場合は少し工夫が必要。くぼみにハイライトを点置きでのせるのがポイントです。

目頭のくぼみ、こめかみのくぼみ、鼻頭……。お顔の骨格でくぼんでいる部分にハイライトをちょんとのせるだけ。どうしてももう少しハイライトで鼻筋を通したいという方も鼻先までハイライトをのせず、鼻頭から鼻の中心あたりまでにとどめておきましょう。

 

小顔メイクの仕上げは楕円チーク

出典:https://gatta-media.com

いよいよ小顔メイクの総仕上げのチークです。丸くチークをのせると可愛らしい雰囲気に仕上がるのですが、雰囲気だけでなくお顔を丸く見せてしまい小顔メイクには向かないでしょう。

女性らしさを残しつつ少しでもメリハリあるシャープな印象にするならチークは楕円形にのせましょう。こめかみあたりから頬骨の上を斜めに入れるのがポイント。さらに小顔を意識するなら光沢のあるパール系のチークは避け、ご自身の肌になじみ良いチークカラーを選んでみてください。

 

いつも使っているメイクアイテムでも、簡単な工夫をするだけで小顔メイクを簡単に完成させることができます。是非マスターしてください。

 

【関連記事】

※ なめらかでつるん。キールズの新しい美容液で憧れの「タマゴ肌」に!

※ あなたの愛はどんなカタチ?バレンタインはバスルームを泡で溢れさせて

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」