GATTA(ガッタ) > Beauty > 知らなきゃ損!忙しくても最低限おさえるべき保湿ケア2つ
beauty

知らなきゃ損!忙しくても最低限おさえるべき保湿ケア2つ

2018.01.09 23:00

忙しい毎日、気づけばメイクやスキンケアを手抜きしてしまっていることもあるのではないでしょうか。しかし、乾燥する今の季節、最低限しておかないといけない保湿ケアだけはおさえておきたいですよね。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、どんなに忙しくても最低限すべき保湿ケアについてご紹介します。

 

化粧水で水分補給

どんなに忙しくても洗顔後は素早くお肌に水分を与えてあげることは基本です。

なぜなら洗顔後のお肌は乾燥しやすいため。素早く保湿をしてあげるないと保湿をしたつもりでもお肌内部の水分が不足しているインナードライ肌になってしまいがちなのです。

最低限の保湿、最初のステップは化粧水でお肌に水分を与えること。さらにスキンケアのテクニックとして筆者がおすすめするのはハンドプレス。

手のひらの温によりお肌になじみやすくもなり、お肌へ水分を閉じ込める効果にも期待がもてますよ。

 

クリームで水分を閉じ込める

最低限の保湿、次のステップは先ほど化粧水でお肌に与えた水分を逃がさないように閉じ込めること。

実は、化粧水のあとすぐにクリームでフタをしてしまうというシンプルなスキンケアで十分なのです。

さらに最近では乾燥しがちなお肌にこうしたシンプルなスキンケアがマストとして見直されています。

忙しいときはスキンケアアイテムは少しでも削りたいと思ってしまうもの。

いくらシンプルなスキンケアが見直されているといえども水分を与える化粧水、お肌に与えた水分を逃がさないためのクリーム、この2ステップは最低限行うことは欠かさないようにしてくださいね。

 

インナー保湿も忘れずに

スキンケアアイテムでお肌の保湿をすることはもちろん大切ですが、それだけで乾燥対策というのはちょっと不十分。お肌の内側の水分量を上げるには体内への水分を補うこと。

だからこそ一日にこまめな水分補給を行うインナー保湿が大切になってくるのです。

理想は一日に1.5~2Lくらいの水分を摂ること。さらに冷たいお水ではなく温かい飲み物を摂取することがおすすめ。

冷たいお水だと体が冷えてしまい血行不良などになる可能性もありますが、温かい飲み物だと血行も良くなることから新陳代謝も活発になり免疫アップにも期待がもてます。

筆者も一日1.5~2Lの水分摂取を心掛け、なるべく白湯などの温かい飲み物で水分補給をしていますよ。

 

どんなに忙しくてもお肌を守るためには最低限の保湿は必須。今回はシンプルなスキンケアや気づいたときに水分を摂るなど、時間がなくてもできることをご紹介させていただきました。是非参考にしてみてください。

 

【関連記事】

保湿しながらメイクも古い角質も落とす!? 冬にぴったりのクリームクレンジングとは(PR)

※ デート前日のスキンケアにおすすめ。美容家厳選の「優秀シートマスク」3つ

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」