GATTA(ガッタ) > Interior > 捨てられない人必見!「お掃除上手になれるコツ」まとめ
interior

捨てられない人必見!「お掃除上手になれるコツ」まとめ

2017.12.29 11:45

「片付けたいけれど、どこから手をつけていいかわからない、モノを捨てるのが苦手」という方、意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は掃除を始めるにあたって、一度この過去のGATTA記事を参考に作った記事を読んでいただいて、改めて考えてほしいことをお伝えします。

 

「捨てる」ではなく「今使いたい」を選ぶ

出典:https://gatta-media.com

捨てることが苦手なタイプの方は、“捨てる”“手放す”という行為に拒否反応を示してしまい、片付けが前に進まないことが多いのではないでしょうか。まずは“捨てる”ではなく“今使うモノを選び取る”ことに意識を集中させてみましょう。

オススメは、洋服や食器など“使っている・使っていない”を白黒つけやすいモノから手を付けること。一度、“直近1ヶ月以内に使ったモノ”だけにクローゼットや食器棚の中身を絞ってみてください。ただし洋服の場合は、シーズンオフのものや礼服など性質が違うものもあるので、それらは例外です。

もしあまりにもスカスカになるようでしたら、“そこまで使ってなかったけど、置いてあるだけで気分がアガるモノ”も、収納がパンパンにならない分量までであれば入れてあげてOKです。

そしてそこで選抜落ちしたモノたちは、ダンボールに詰めておくなどして一旦寝かせておきます。この時点では、捨てる捨てないは考えなくても大丈夫です。

 

「誰のために・何のために」片付けるのか

出典:https://gatta-media.com

“なぜ片付けたいのか?”というお片付けの目的を明確にしましょう。

今、自分や家族は片付かないことで何に困っていて、お片付けができたらその先にどんないいことが待っているのか?それを整理してみてください。

これは、お片付けにくじけそうになったときに、立ち返ることでモチベーションを維持する源にもなるものです。

できれば紙に書いてみたりして、あとで振り返れるように残してみましょう。

 

「どんな家にしたいか」方向性を決めてモノを選ぶ

出典:https://gatta-media.com

お片付けの目的を整理したら、今度はそれを達成するために“どんな家にしたいか”の方向性を決めていきます。

いくつも目指したい方向性がある方は、その中での優先順位をつけてみてください。そうすることで、自分はどうしたいのかが少しずつ見えてくるはずです。方向性が決まったら、今度はそれを実現させるためのイメージをもっと具体的にしていきます。

家にあるモノは、大きく、“(1)美しいから買った物、(2)機能が欲しいから買った物、(3)機能と美しさどちらもあるから買った物” の3つになると思います。

スッキリしたお部屋作りは、モノを買うときからスタートしているので、イメージを実現するためには出来る限り全ての物を(1)と(3)で揃えられればベストですね。

 

スタートの前にしっかりゴールを見据えることで掃除もきっと苦にならないはず。理想的なイメージの部屋を実現すべく掃除に着手してくださいね。

 

【参考】

※ 捨てることが苦手な人が知るべき、モノとの向き合い方・手放し方

「何から手を付けたらいいかわからない人」が知るべきお片付けのキホン

※ みんなが憧れる「生活感のない部屋」実現のコツはモノ選びがカギ!?

【関連記事】

※ 新年を気持ちよく迎えたい!楽しく&簡単に大掃除するテクニックとは(PR)

※ どこから手をつければいい?お片付け初心者「はじめの一歩」はキッチン