GATTA(ガッタ) > society > そうだったのか!仕事を楽しめる人と、楽しめない人の違い
society

そうだったのか!仕事を楽しめる人と、楽しめない人の違い

2017.12.27 22:30

あなたは今、何のために仕事をしていますか?

生活していくため、誰かから自分のことを認めてもらうため……目的はさまざまだと思います。

今回は、上之二郎 著『アラン教授の世界一幸せになれる授業』を参考に、仕事をもっと好きになるにはどうすればいいのかご紹介します。

 

大切なのは、とにかく楽しむこと!

仕事というのは、どのくらい給料をもらえるかより、どれだけ楽しめているかが重要です。もしいつも楽しい仕事だけをしてお給料をもらえるしたら、こんな素敵なことはないですよね。

それでも、なかなか仕事を心から楽しいと思える人は少ないと思います。あなたはどうでしょうか?

上司から言われてことを嫌々でやっているうちは、絶対に仕事がおもしろくなることはありません。自分の夢やなりたい自分を想像して、今の仕事はそれを叶えるための試練だと思ってください。

自分の憧れの姿につながっていると感じられれば、今よりも仕事を大切にすることができると思います。そうやって仕事をこなしていくと、自分の成長が実感でき、楽しみがどんどん大きくなっていきます。

 

仕事を楽しむために必要なこと

どんな職業でも、自分が主体的に行動している時は楽しいと感じることができますが、自分が誰かの命令で常に動いている限りは残念ながらとても退屈に感じるものです。

上司に言われたことをただ気分ものらずにこなすより、自分で選んで自由にやっている仕事の方が楽しいに決まっていますね。逆にいうと、自分の意志でやる仕事ならどんなに苦しくても「負けるもんか!」と思えるのです。

オリンピックを目指すアスリートたちが、いつも厳しい練習に取り組めるのは、大会に出場したい、試合で勝ちたいという自分自身の強い意志があるからです。これは誰かから決められたものではありません。

本当の楽しさというものは、まずはじめに苦労を必要とします。それで、その辛さを乗り越えた先に、自分の求めるものがあると信じられるから、踏ん張れるのです。

 

これを機会に、あなたの本当にやりたいことや、将来なりたい自分について改めてじっくり考えてみませんか?

 

【参考】

※ 上之二郎 著『アラン教授の世界一幸せになれる授業』

 

【画像】

※ nd3000 / shutterstock

 

【関連記事】

※ 自分の人生に満足してる?幸せそうな人が実践している思考法とは

※ 他人とは比べないで!ありのままの自分を好きになる方法