GATTA(ガッタ) > Interior > これならできそう!「大掃除がいらない家」を実現する年間お掃除プラン
interior

これならできそう!「大掃除がいらない家」を実現する年間お掃除プラン

2018.01.02 21:00
出典:https://gatta-media.com

2018年が始まりましたが、昨年末に頑張って大掃除をして大変だった、または結局大掃除ができずじまいで新年を迎えられた、という方も多かったのではないでしょうか。

筆者宅でも、いつも年末の大掃除の時期になってから、「もっと前から計画的に進めておけばよかった……」と後悔していました。その反省をふまえ、2018年は年末に大掃除が要らないように、計画的にお掃除を進めたいと考えています。

そこで今回は、“大掃除いらずの家にするための、年間お掃除プラン”をご紹介します。

 

季節に合わせてお掃除計画を立てる

出典:https://gatta-media.com

筆者宅では、これまでは秋から年末にかけてプチ大掃除を進めていましたが、一般的には“新年を気持ちよく迎えるため”ということで年末ギリギリに大掃除をされているというお宅も多いでしょう。

ですが、お掃除のしやすさを考えると、実はもっと暖かい時期にやった方がいいところもあるんです。

例えば、

・ベランダ、窓(カーテン洗濯)
→冬場は外での掃除が寒くて大変。大きいカーテンも乾きにくい。

・換気扇、レンジフード
→暖かい時期の方が油汚れが浮きやすい

など。

また、雑巾がけも、冬場にやると水が冷たいですよね。お掃除の年間計画をたてる際は、季節の特性を考慮すると、実はグッとラクになります。

 

筆者宅の2018年プチ大掃除 年間計画

出典:https://gatta-media.com

そこで2018年は季節を踏まえて、筆者宅では年間プチ大掃除プランをこのようにたててみました。

1月:玄関、下駄箱
2月:リビング
3月:寝室(加湿空気清浄機含む)

→新年を気持ちよく過ごせるようにするために、1月は玄関をプチ大掃除。寝室は加湿器を使わなくなる時期でもある、3月に。

4月:ベランダ、窓(カーテン洗濯)
5月:お風呂(水垢、カビ取り)
6月:エアコン

→ベランダや窓は暖かくなる4月に。お風呂はカビが気になる梅雨の前にやりたいと思います。また、エアコンは筆者宅は冬場は使わないため、夏の前にプロにクリーニングを依頼することを計画中です。

7月:トイレ
8月:キッチン
9月:子供部屋

→ニオイが気になるトイレは暑くなる前に。キッチンは油汚れが浮きやすい夏場にやりたいと思います。

10月:クローゼット
11月:キッズスペース
12月:なし(予備)

→そしてクローゼットは衣替えの時期に。年末は忙しくなるので計画はせずに予備の月に。できれば12月は大掃除しなくていいように、1年間コツコツ頑張りたいところですね。

 

計画的にプチ大掃除を進めるための作戦

出典:https://gatta-media.com

年間計画をたてても、忙しいとつい忘れてしまったりするもの。そこで今年は普段使っている、スケジュール管理アプリにお掃除計画を入れることにしました。多くのスケジュールアプリでは、アラート機能も対応しているため、これに入れておけばそのタイミングになると、アラートも出してもらえて忘れにくくなります。また、アプリによっては2ヶ月間隔で毎週土曜、など、細かい繰り返し設定もできるものもあります。

そのため、洗濯機やお風呂の防カビ対策のクリーナーなど、1〜2ヶ月に1回のペースで、やった方が良いお手入れも一緒に入れておくと便利です。

 

年末にまとめて大掃除をやらなくてよい家にするための、年間計画を、ぜひ参考にし、実践してみてください。お掃除の年間計画は、今年こそ計画的にお掃除を進めて、いつもキレイがキープできる家を目指したいですね。

 

【関連記事】

みんなが憧れる「生活感のない部屋」実現のコツはモノ選びがカギ!?

※ 「モノがすぐ増えてしまう」という方へ。パターン別・行動改善のヒント