GATTA(ガッタ) > Bodymake > 「小尻になりたい!」そんな方にオススメの、寝たままお尻エクササイズ
bodymake

「小尻になりたい!」そんな方にオススメの、寝たままお尻エクササイズ

2018.01.03 20:00

お尻のラインを整えたくてエクササイズをしていると、「お尻は引き上がったけれどボリュームが出てしまった……」「お尻は良いけれど、脚がたくましくなってしまった」などの、予想外の結果になることがあります。

垂れて横に広がったお尻をなんとかするためには、寝た姿勢でもできる、お尻エクササイズを試しましょう。ヨガインストラクターである筆者が、おすすめのエクササイズをご紹介します。

 

普段使いにくいお尻の上部を整える

お尻が垂れる原因のひとつに、“お尻の上部の筋肉が落ちてくること”があげられます。お尻の上部の筋肉は、小尻には必須であり、ここの筋肉が萎えてくると、お尻の幅が大きく広がり、パンツスタイルがやぼったくなる可能性が……。また、大きなお尻は、“内股の姿勢”が原因となっていることも。このエクササイズで、内股予防をし、お尻の上部の筋肉を鍛えてパンツスタイルをスマートにしましょう。

 

寝ながら行う小尻エクササイズ

出典:https://gatta-media.com

(1)横向きの姿勢で寝た状態からスタート(写真では右側を下にしています)。

(2)ひざを曲げ、腰とひざまでを60度程度、太ももからひざ、足先までは90度程度の角度にしておきましょう。左腰骨が天井を向くように意識して。

出典:https://gatta-media.com

(3)息を吸いながら左脚を引き上げて。このとき、左足先も上を向くようにするとお尻の上部に刺激が入りやすくなります。

(4)脚を引き上げるときに、左のお尻の上部が硬くなる位置をまで引き上げていってください。

(5)このとき、左の腰骨が後ろに倒れすぎないように注意。

(6)引き上げた脚を閉じておわりです。

(7)一連の流れを15~20回程度行い、反対側も同様に。

 

お尻の上部の筋力がついてくると、お尻が引き上がるだけでなく、長時間歩いていても足や腰が疲れにくくなります。お尻の筋力が弱ってくると腰痛の原因にもなるので、お尻を鍛えておくのはとても大切です。お家で簡単にできるので、早速試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 自信があるのはわずか7%…数字からみる女性の現状と本当の美しさとは(PR)

※ 忙しい朝も1分でできる。プロが実践している代謝上げヨガポーズ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」